写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三井不動産レジデンシャルは、平成25年11月11日より、同社グループが供給・管理する住宅の居住者を対象としたメンバーシップサービス「三井のすまいLOOP」の新サービスとして、「LOOPおうちサービス」を開始する。

同サービスは、同社とリビングポイントとの提携によるもので、積立型の住宅設備メンテナンス保証サービス。従来、住宅に関するメンテナンス保証は、新築引渡時に加入するのが主流だったが、「LOOPおうちサービス」は、居住後の加入も可能。これにより、アフターサービス保証期間が切れた場合の、延長が可能になったばかりでなく、本サービス加入期間中は何度でも、原則無料で利用できることとなった。

また、サービス会費に対して高い還元率(50%〜100%)の「おうちポイント」を付与。同ポイントは、日本で初めて「住宅のメンテナンス・リフォーム」を切り口とした電子マネーで、1ポイント=1円として、自己負担となった設備機器の修理・交換に充当できる他、ショッピングにも利用できる。ポイント有効期限が15年と長期に渡るため、計画的なリフォーム積立にも活用できる。

同サービスは、新築・既存合わせた「三井のすまいLOOP」対象世帯のうち、東京・千葉・埼玉・神奈川の一都三県にある三井不動産レジデンシャルの分譲マンション、約11万世帯をターゲットにアプローチを開始。マンション中心の展開から順次拡大し、戸建なども含めた同グループが提供する住宅全般に拡大していく予定。

その他、詳細は以下を参照のこと。