タイヤ好きなコンパニオンがタイヤ・アテンダントと称してご案内

写真拡大

2013年11月22日から12月1日にかけて開催される「東京モーターショー 2013」に向け、ブリヂストンが「東京モーターショー2013 ブリヂストン・ブース特設サイト」をオープンした。

「こういった『おもてなし』はTMS初」

さっそくアクセスすると、ブースで予定されているさまざまな企画の紹介が。メイン展示である「資源を大切に使う」「CO2を削減する」最先端の技術・商品に加え、タイヤの走行を映像で体感できるコーナーや、TVCMでお馴染の"タイヤカフェ"も再現するという。この他、MotoGPマシンの展示やダンサーによるステージショーなどの企画を盛りだくさん用意する。

こうしたブースの「見所」を、今年はタイヤ好きなコンパニオンがタイヤ・アテンダントと称して案内する「ブリヂストン・ブース見どころガイドツアー」の参加者も募集している。

タイヤ・アテンダントがツアーガイド役となり、来場者にブリヂストン・ブースの魅力を、より深く知ってもらうことが狙い。

ブリヂストンによると、これまでは、タイヤにあまり興味を持っていない層へのコミュニケーションが不足しており、より幅広い層へホスピタリティをもってタイヤの魅力を伝えるために企画したそうだ。

「いつも以上にタイヤについて、ブリヂストンについて知っていただき、結果1人でも多くの方にファンになっていただきたいと考えています」(同社)

参加申込みは「東京モーターショー2013 ブリヂストン・ブース特設サイト」から。