マイケル・コースとミランダ・カー来日 法隆寺宝物館でインタラクティブなイベント開催

写真拡大

 NYブランド「MICHAEL KORS(マイケル・コース)」が11月13日、Miranda Kerr(ミランダ・カー)を迎え雑誌ELLE Japon(エル・ジャポン)とイベント「マイケル・コース in ジャパン」を開催した。会場の上野国立博物館法隆寺宝物館に集まった多くのゲストらは、世界各都市の風景をバックに撮影した画像を会場内のアトラクションやソーシャルメディアとリンクするなど、インタラクティブなパーティーを楽しんだ。

マイケル・コースとミランダ・カー来日の画像を拡大

 「マイケル・コース in ジャパン」は、オーストラリア出身のモデルMiranda Kerrが「MICHAEL KORS」を着用してELLE Japonの表紙を飾ったことを記念して開催。建築家の谷口吉生が手がけた法隆寺宝物館を一夜限りで「MICHAEL KORS」仕様にライトアップし、NYのナイトライフ最先端ポイントのイメージに変えた。DJはモデルのTheodora Richards(テオドラ・リチャーズ)と来日したAlexandra Richards(アレクサンドラ・リチャーズ)。Instagram(インスタグラム)をはじめソーシャルメディアと連動するハッシュタグ(#MKTOKYO)が用意され、会場内にはNYや東京など各都市の風景をバックに撮影ができるフォトブースや、Instagramの写真をプリントアウトするインスタプリントなどが設置され、またシェアした写真が屋外に投影されるなど、ソーシャルを駆使したアトラクションが人気を集めた。

 公私共に親交が深いというデザイナーMichael Korsと共に来場したMiranda Kerrは、ビジューが散りばめられたホワイトとブラックのツートーンで背中が開いたデザインが特徴の「MICHAEL KORS」2014年リゾートコレクションのドレスを着用。冨永愛、福島リラ、菊地凛子、板野友美、篠田麻里子、森泉、ヨンアといったモデルやセレブリティらも最新コレクションを身に付けて来場した。また、イベントの来場者にはSELMA(セルマ)のミニバッグがギフトとして配られた。