第32回:九州場所

巡業先で申し合い稽古をする白鵬。今年最後の九州場所(11月場所)が始まった。
場所前に充実した稽古を消化した横綱は、
幸先のいいスタートを切った。
この調子でいけば、九州場所7連覇も夢ではない。
それにしてもなぜ、横綱は九州で強いのか。
そこには、意外な理由があった――。

 大相撲九州場所(11月場所)が始まりました。今年の締めくくりとなるこの場所では、私自身、いろいろな記録がかかっています。

 おかげさまで2013年は、春(3月)、夏(5月)、名古屋(7月)、秋(9月)場所と、4場所連続で優勝することができました。もし今回、優勝を果たすことができれば、2010年以来、2度目の5連覇達成です。同時に、2007年から続いている九州場所での優勝は7年連続となります。

 また、7年連続7度目の年間最多勝(北の湖に並んで歴代最多。初日の勝利で確定)や、横綱昇進後の最速500勝(在位38場所。2日目に達成)などもありました。普段、自分自身では「記録」というものを意識することはほとんどありませんが、記録達成を聞かされると、一日一日、一番一番の積み重ねがこうした数字につながっているんだなぁと、感慨深く思いますね。

 さて、9月の秋場所が終わったあと、我々力士は巡業に出ました。関東近郊、そして東海、北陸、中国(出雲大社は土俵入りのみ)、四国地方など、全11カ所を回ってきました。その後、10月後半に九州場所が行なわれる博多に乗り込みました。

 巡業地から巡業地へとわたったこの1カ月。日々移動を続ける中で、車窓から見える風景からは、次第に空気が澄んでいって、山々が色づいていくのがわかりました。終盤には鮮やかな紅葉を目の当たりにするなど、季節の移り変わりというものを肌で感じることができた巡業でしたね。

 巡業先の各地では、美味しい食べ物をたくさんいただきました。日本には「食欲の秋」という言葉があるそうですが、まさにその通りですね。

 そんな秋の味覚の代表格といえば、やはり松茸でしょうか。私にとっても、松茸を食すことは毎年の秋の楽しみになっています。先日、いただいたのは、すき焼き風とでもいうのでしょうか、松茸を牛肉に巻きつけて食べる料理でした。初めて食べましたが、あれは最高でしたね。

 魚介類も美味しい季節ですよね。石川県の金沢では、日本海で獲れた新鮮なお魚をいただきました。身が締まっていて、本当に美味しかったです。海のないモンゴルでは味わえないですからね。それを思うと、余計に幸せな気分になれました。

 そして、迎えた九州場所。美味しいものがあふれるこの季節、それもバラエティーに富んだ「食」に満たされている博多での開催です。私たち力士にとっては、一年でもっとも楽しみにしている場所と言っても過言ではありません。力士は、体が資本です。「食べることも仕事のうち」と言われているだけになおさらですね。

 いちばんの楽しみは、フグ、クエなどの魚料理です。クエは九州では「アラ」と呼ばれる深海魚です。なかなか手には入らないものだそうで、フグよりも珍重されています。脂がのっていながらも、決してくどくなく、刺身にしても、鍋にしても、本当に美味しいんですよ。私の好物のひとつです。

 博多では、屋台もいいですね。焼き鳥やおでんなどのおつまみをふんだんに味わうもよし、飲んだ帰りにとんこつラーメンを食べて締めるもよし、屋台ではひと通りの食事が堪能できるので楽しみ方はいろいろとあります。横綱になってからは、ふらっと立ち寄ることはなくなってしまったのですが、タイミングがあれば、また行ってみたいですね。

 というのも、博多の方たちは気さくで、街全体が大相撲を応援してくれているムードに包まれているからです。屋台で美味しいものを食べて、そこで出会った方々と、またいつかワイワイできればいいな、と思っています。そんな街の雰囲気が自分の肌に合っていて、私に力を与えてくれるのでしょう。だから、九州場所ではいい結果が残せているのかもしれませんね。そういう意味でも、九州場所での連覇にはこだわりたいですね。

 秋巡業の話に戻りますが、巡業という機会を利用して、若手力士の状態をチェックしたり、彼らの力を引き上げたりするのも、横綱の仕事のひとつです。そのため、幕内力士の申し合い稽古で土俵に上がる際には、期待している力士をこちらから指名して稽古をつけたります。ところが今回、ある若手力士はケガなどを理由にして、申し合いでの指名を断ってきたのです。

 自分の体を大切にすることは、確かに重要なことです。でも、稽古で土俵に上がっている以上、せめてその時間は相撲に集中して、稽古に励んでほしいと思います。できれば、積極的に向かってきてほしいくらいです。私はいくらでも胸を貸すつもりでいますから。

 九州場所の前には、豊真将(東前頭4枚目)のいる錣山(しころやま)部屋をはじめ、大関の琴奨菊や琴欧洲らが所属する佐渡ヶ嶽部屋などに出稽古に行きました。佐渡ヶ嶽部屋では、両大関ともにとても元気で、特に地元・福岡県出身の琴奨菊の気合いは相当なものでした。実際、相撲を取ってみても、体がひと回り大きくなった感じさえしました。しかし、琴奨菊は2日目に右肩を負傷して休場。さらに翌3日目には、琴欧洲までもが左肩を痛めて休場してしまいました。今場所は最後まで一緒に盛り上げていきたかったのですが、残念です。

 一方、秋場所で11勝を挙げて「次期大関候補」と言われる関脇の豪栄道は、今場所も元気な相撲を見せています。先場所では、私も豪栄道の厳しい攻めに屈してしまいましたが、今の彼はやる気に満ちあふれています。その気持ちはますます高まっているようで、場所前には充実した稽古をこなしているという噂を耳にしていました。そしてその評判どおり、豪栄道は初日から4戦全勝。このままいけば、我々の期待以上の結果を残しても不思議はありません。

 唯一の不安は、綱取りを逃し続けている稀勢の里と同様、下位力士に取りこぼしてしまう点です。横綱、大関戦ではめっぽう強いのですが、明らかに自分よりも格下の相手にポロッと負けることがあるのです。稀勢の里もそうですが、豪栄道も実力の高さは申し分ありません。ちょっとした油断から星を取りこぼすような、悪いクセを解消することができれば、豪栄道はすぐに大関になれるでしょう。

 豪栄道は、土俵上で表情を変えることがほとんどありません。務めて無表情を装っています。しかし闘志満々であることは、対戦する側には十分に伝わってきます。そういうハートの熱い力士の登場は大歓迎ですし、頼もしい限りです。今場所でのさらなる飛躍を期待したいですね。

武田葉月●文 text by Takeda Hazuki