KINGSOFT Internet Seculity 2014動作画面

写真拡大

無料セキュリティソフト「KINGSOFT Internet Seculity」の最新バージョン「2014」が、2013年11月14日公開された。ネット上でもたびたび話題になってきた同ソフトだが、今回のアップデートではこれまでの課題だったウイルス検出率を大幅補強したとのことで、

「単なる新バージョンではなくて、新製品と言ってもいいくらい」(広報担当者)

と、メーカーのキングソフト(東京・港区)では自信を見せる。

テザリング機能も搭載

前バージョンからの最大の変化は、スキャンシステムとして従来の同社製「Blue Chip II」に加え独Avira製の「SAVAPI」を並行して搭載、いわゆるダブルエンジンを採用したことだ。

従来の同ソフトは動作の軽さに定評がある一方、総合的なウイルス検出力では他社の有料ソフトに一歩譲る部分があった。しかしこのダブルエンジン化で検出率99.7%(AV-Comparatives調べ、2013年9月時点。旧製品比124%向上)と、「有料ソフトと同等以上」(担当者)のスペックを獲得したという。また両エンジンの使い分けにより、動作の軽さも維持できたとキングソフトでは説明する。

このほか、パソコン本体をWi-Fiネットワーク化する「テザリング機能」などを新たに搭載した。

無料版は、キングソフト公式サイトでダウンロード可能。広告が表示されない「1年版」(980円)、「無期限版」(1980円)も同時に提供している。