失踪中のヴァーチャルアイドル北乃カムイ、札幌で発見

写真拡大

 10月1日の引退発表後、失踪中とされていた北海道のヴァーチャルアイドル北乃カムイが、14日未明、北海道札幌大通り公園で発見されたという知らせが元マネージャーを通じ発表された。

【関連:第2の初音ミクと呼ばれた「北乃カムイ」、公約達成ならずで引退したその後を追った】

北乃カムイTwitter


 発見時の状況は、雪がちらつくなか、冬の寒さに耐えれるよう何枚も重ね着し、うずくまった状態。若干衰弱はしているものの目立った外傷はなく、質問にもはっきりとした声で受け答えをしているとのこと。
 なお、発見時、イラストレーターKEI氏がデザインした姿とは異なり、北海道の行者にんにくを食べた時に変身する「もにょもにょ」姿だったため、カムイ追跡本部では失踪中、カムイに対し衣食を提供するなど失踪を手助けしたものがいるとみて引き続き調べを進めている。

 元マネージャーに対し、今回の北乃カムイ発見について取材を申し込んだところ「現時点においてまだ詳細は語れない」「近日中に本人からTwitterなどを通じファンに対しコメントを発表する」とのこと。

 北乃カムイは今年4月1日に北海道出身の“アイドルの卵”として活動開始。その際、半年間でTwitter及びFacebookで3万人のフォロワー獲得を公約。公約に至らなかった場合には、北乃カムイの引退及び、所属事務所の廃業を宣言していた。
 始動から半年後となる9月30日時点で、目標フォロワー数半数程度という結果を受け、10月1日引退及び所属事務所廃業を発表。以降、北乃カムイは失踪中とされていた。

 ヴァーチャルアイドルの失踪という前例がない事態、今回元気な姿で発見はされたものの、現時点では引退後という立場のため“一般人”となっている。お騒がせタレントとしてこのまま業界で再起を図るのか?それともこのまま一般人として過ごすのか?

 一部ファンからは「こんな茶番……」「(゚Д゚≡゚Д゚)?」という呆れた声も既に出始めており、いずれにせよ北乃カムイの今後の展開が心配される。

取材協力:
北乃カムイ元マネージャー

参考:
北乃カムイ公式サイト
北乃カムイTwitter @kamuikitano
北乃カムイFacebook