写真提供:マイナビニュース

写真拡大

なかのまちめぐり博覧会実行委員会と中野区は15日〜30日、東京都中野区にて「なかのまちめぐり博覧会」を開催する。

○JR中野駅周辺、西武新宿線、東京メトロ沿線などで多数のイベントを開催

同博は、中野区の都市観光の将来像である「多彩な魅力あふれるにぎわいの都市(まち)なかの」の実現に向け、商店街、企業、学校、団体などが主体となって開催される博覧会。区内のさまざまな地域資源を活用して自主的に企画・運営するイベントなどを集約し、中野区全域を会場として一体的に実施される。

同博開催によって、区民や来街者が区の魅力を楽しみ、より多くの人が区に滞在・回遊することで、区内のにぎわいや地域の交流、さらに中野区への愛着が生まれることを目的とする。

会場では、まち歩きツアーや各種イベント、体験、講演などさまざまな個別イベントが多数実施される。また、16日10時30分〜11時30分にはにはJR中野駅北口駅前広場にてオープニングイベントを開催。なかのまちめぐり博覧会(ぐるっと中野)の紹介、開催挨拶などのほか、なかのまちめぐり博覧会マスコットキャラクター「クルトン中野」も初お披露目される。

会場、イベント内容の詳細は「中野区役所のFacebookページ」、または「中野区都市観光サイト まるっと中野」、「なかのまちめぐり博覧会パンフレット(pdf)」で確認できる。

(エボル)