写真提供:マイナビニュース

写真拡大

11月19日に東京・台東区の下谷神社で行われる落語会「十一代 桂文治ネット独演会」が動画サービス「ニコニコ生放送」にて生中継されることが決定した。

今回の「十一代 桂文治ネット独演会」では、初となるネットでの中継を実施するだけでなく、会場の高座の後ろにプロジェクターを設置。ニコ生の視聴者が書き込んだコメントもリアルタイムで流し、ネット視聴者と会場の観客が双方向かつ一体となって桂文治の本寸法の落語を楽しむことができるという。

このほか、若手真打の瀧川鯉朝が目の前の観客だけでなく、ネット視聴者からもコメントによって三題噺(観客から出されたお題を3つを入れて即興で演じる落語)のお題をもらい新作落語を作り口演するなど、自宅からも参加できる新しい落語会の楽しみ方を提供していく。さらに、ニコニコ生放送では、公演以外にも、高座の後ろ側や楽屋の様子など普段あまり見られない風景も放送する予定。

昨年、江戸時代から続く落語界の大名跡・桂文治が、8年ぶりに襲名により復活。当代 十一代 桂文治は、これからの落語界、所属する落語芸術協会の将来を担うと期待されている実力と人気もある噺家。この放送は、ニコ生史上初となるネットの落語会放送となる。放送日は11月19日18:30〜、桂文治、瀧川鯉朝、瀧川鯉〇が出演する。

番組名:落語家十一代桂文治ネット独演会〜ホラー落語、コメント落語大披露〜
日時:11月19日(火)18時30分〜
出演:桂文治・瀧川鯉朝・瀧川鯉〇
会場:寄席発祥の地 下谷神社 台東区東上野3-29-8
主催:株式会社松竹サービスネットワーク・オフィス マツバ/協賛:株式会社ドワンゴ
番組URLはこちら