<三井住友VISA太平洋マスターズ 事前情報◇13日◇太平洋クラブ御殿場コース(7,246ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」が静岡県の太平洋クラブ御殿場コースを舞台に明日14日(木)に開幕。昨年のこの大会で2年ぶりの勝利を挙げた石川遼が、この思い出の大会に帰ってきた。

 先週はパットの不調から18位タイと思うような成績を残せなかった石川。今週はパターを変更、そしてパット時のボール位置を固定するための自作の練習器具を昨日から投入し調整を重ねてきた。この日はプロアマ戦に出場、パットが「良かったですね。パッティングが良くなったのか、グリーンに合いすぎてるのか」と好感触。連覇に向け、仕上がりは順調。「明日、明後日は静かに、静と動の静の気持ちでプレーしたい」と予選ラウンドは気持ちがカラ回りしないよう冷静なプレーを心がける意向だ。
 この1年は米ツアーを主戦場に。大好きなこの大会に帰ってきて「長かった。今までと違う1年間を過ごして、ここへ戻ってきた」と感慨深げに話した石川。「コースは変わっていないけど、自分が変わったのか違って見えた。もっと傾斜のきついと思っていたところが、きつくなかったりとか」と自身が成長したせいかコースの見え方が昨年と変わってきたという。米ツアーのタフな戦いで培った経験を活かし、大好きだという御殿場で自らの成長の証を日本のファンの目に焼き付ける。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
遼は川村、キョンテと同組!松山は藤本、孔明とのペアリング
【舩越園子コラム】「Matsuyama」の風刺ネタに思うこと
G-VOICEで徹底討論!ゴルフについてあなたの意見を聞かせてください!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング