消費増税前「買いだめ」「高額」福袋を松屋銀座が提案

写真拡大

 松屋銀座が11月13日、2014年新春福袋の公開社内選考会を開催した。時事ネタや流行語を盛り込んだ福袋を毎年発表している松屋銀座だが、今年は消費増税前の「買いだめ」やアベノミクス効果による「高額」をキーワードに、来年迎える開店88周年とかけた商品を多く展開し、前年比7%増の売り上げを目指す。

消費増税前 松屋銀座の福袋の画像を拡大

 松屋銀座の公開社内選考会で強化商品に選ばれた福袋は、来年4月の消費増税前に買いだめが予想されるアイテムや売れ行きが好調な高額商品を中心に構成。重さがシャツ1.5枚分の超軽量ジャケットなどクールビズ商品の買いだめを提案する「〜いつ買うの?今でしょ!〜紳士クールビズ福袋」や、女性向けの春夏アイテム6点を盛り込んだ「〜いつ買うの?今でしょ!〜婦人服春夏アイテム買いだめ福袋」、3カラットのダイヤモンドなど1,800万円相当を880万円で提供する「GINZAのダイヤモンド福袋」などが多くの票を獲得した。

 「買いだめ」をキーワードにしたラインナップでは、それぞれ88枚の婦人・紳士の靴下やアンダーウェアを販売する福袋が登場。「高額」品では、ロシアンセーブル製の880万円相当のファーコートを88万円で販売する「〜バブル復活!〜ラグジュアリーコート福袋」も揃え、価格帯は全体で昨年より5%ほど上昇しており「アベノミクスの効果と期待を込めた」(同)という。

 流行語を取り入れた福袋では、6階エレガンスサロンの毛皮やカシミヤなど総額88万円相当の高額アイテム5点を8万8,000円という10分の1の価格で提供する「〜10倍返しだ!〜大満足!!エレガンス福袋」をはじめ、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の舞台となった岩手県久慈市の名産品をセットにした「〜じぇじぇ!〜岩手の味福袋」、銀座ならではの「お・も・て・な・し」を体験する限定プログラム「銀座おもてなしの源流物語〜銀座まるごとエンターテインメント〜」を用意。一部抽選を除いて、1月2日の9時半から販売し、同日にクリアランスセールもスタートする。