メールの敬語は簡潔にしよう! 中高年が気をつけたいメールのマナー

写真拡大

仕事でのメインの連絡手段はメールとなっています。メールはビジネスで大切なコミュニケーション手段になっています。メールの利点は、相手の時間を奪う電話と異なり、用件を簡潔に素早く伝えることができます。しかし、中高年の人ほど間違ったメールのマナーをしていることがあります。

メールは手紙ではない

メールと手紙は同じと考えている中高年の皆さん、危険です。こんな文面でメールを送っていませんか?

拝啓○○様

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
長文がずらーっ…
長文がずらーっ…
長文がずらーっ…

敬具

メールでは手紙と同じように書くのはNGです。メールで見ると長ったらしく感じます。また、メールでは、敬語も簡潔にするほうがよいでしょう。もちろん、メールにも敬語は必要です。しかし、メールでは冗長な敬語表現は似合いません。メールの敬語は簡潔にするようにしましょう!

「ビジネス敬語マナー特集」の詳細を調べる