グッチの歴史を紐解くアーカイブ展開催、GUCCI MUSEO所蔵の初公開アイテムも

写真拡大

 「GUCCI(グッチ)」が、東京丸の内のKITTE(キッテ)で「ICONS OF HERITAGE - 受け継がれるアイコン」展を11月16日より開催する。イタリアのGUCCI MUSEOに所蔵されているブランドの歴史を象徴する貴重なアーカイブを日本で初公開。開催に合わせて限定のグッチ チャリティ スタンプ(切手)が販売される。

グッチのアーカイブ展、丸の内で開催の画像を拡大

 「ICONS OF HERITAGE - 受け継がれるアイコン」では、2011年に創設90周年を迎えたことを記念してイタリアのフィレンツェにオープンしたGUCCI MUSEOから、日本初公開アイテムが多数上陸。創設当時のトランクやスーツケース、50年代、60年代にジェットセッター達に愛されたレザーグッズ、職人の画期的なアイデアから生まれたバンブーバッグ、モナコ王妃グレース・ケリーのためにデザインされたフローラモチーフのスカーフなど、様々な年代を彩ってきた貴重なアイテムが展示される。

 2011年から東日本大震災により経済的な理由から就学が困難になった子どもたちの支援活動を継続している「GUCCI」は、展覧会の会場で販売されるチャリティ スタンプ(80円切手 10枚入りのシート、税込3,150円)の売上全額を、東日本大震災で被災した子どもたちの教育を支援する「ユネスコ協会就学支援奨学金 - GUCCI奨学生」に寄付。「ICONS OF HERITAGE - 受け継がれるアイコン」の会場となるKITTEは、旧東京中央郵便局の旧舎が一部保存・再生された歴史的な建物で、GUCCIは「グッチの歴史とチャリティ・スタンプをこの場所から発信できることは、とても意義深いことです」とコメントしている。なお、開催を記念して、GUCCI MUSEO限定のレターセットの販売も予定。価格は税込6,300円。

■ICONS OF HERITAGE - 受け継がれるアイコン
 場所:KITTE 1階アトリウム(東京都千代田区丸の内2丁目7番2号)
 期間:2013年11月16日〜24日
    月曜日-土曜日 11:00〜21:00 / 日曜祝日 11:00〜20:00
    ※チャリティ スタンプとレターセットの販売は20時まで。