IMG_20131113_010622

写真拡大 (全7枚)

みなさん、Facebook公式アプリのメッセージ機能は使っていますか?

 

これはLINEのようにチャットができる機能ですが、とりわけFacebookのメッセージでは下記が特徴です。

・Facebookにログインした大まかな時間が表示される

・メッセージを送信した時間が出る

・メッセージに現在ログインしているかどうかが分かる

・送信時の位置情報を表示できる

 

便利な機能ではありますが、反面、こんな声もあります。

「仕事中など、メッセージを使っていることが分かると気まずい」

「家から送信している、職場から送信している等々、送信場所を知られたくない」

 

いつ自分がFacebookアプリを開き、どこでそれを使っているか。

相手によっては伏せたい情報ですよね…。

 

そこで今日は、

・ログイン状態を隠す設定

・どこでメッセージ(チャット)を利用しているかを非表示にする設定

をご紹介します。

 

■ログイン状態を隠す方法

 

まず、緑色のマークが、ログインしている証。

 

ログイン時間は、「○時間前」などと表示されます。

 

これらを隠すには、メニュー⇒「アプリの設定」に進み、「Facebookチャット」のチェックを外せばOK

 

オフにしておくと、フェイスブックアプリを開いていても「チャットはオフ」状態になります。

 

逆にオフにしておかないと、Facebookアプリを開くたび他の友達に「ログイン」していることを知られてしまい、話しかけられて困るときにチャットで呼びかけられる可能性があります。

 

■どこでメッセンジャーを利用しているかを非表示にする方法

 

メッセージの吹き出しをタップすると、メッセージ個別のページに飛びます。

そこに「○○から送信」と、送信場所が記されています。

 

位置情報を非表示にするには、同じくアプリのメニューボタンから「アプリの設定」の順に進み、「メッセンジャーのロケーションサービス」欄のチェックを外します。

 

これでメッセージ送信時の自分の現在地を知られることはありません。

 

今一度、デフォルトでチェックがついていないか確かめてみましょう。