JR北海道、データ改ざんを認める

ざっくり言うと

  • JR北海道は12日、国交省の監査前にレール幅のデータ改ざんがあったと認めた
  • 改ざんされていたのは函館保線管理室で、レールのポイント部分など複数箇所
  • 保線の基準外だったものを基準内に変更したものもあったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング