写真提供:マイナビニュース

写真拡大

7月14日より全国で順次開催されている「ニコニコ町会議 全国ツアー2013」の追加公演が、11月10日に大阪なんばで開催された。

「ニコニコ町会議」は、2012年と2013年に幕張メッセで開催された巨大イベント「ニコニコ超会議」の地方出張版イベント。7月16日より開催された「ニコニコ町会議 全国ツアー2013」は、9月22日の名古屋での開催をもってファイナルを迎えたが、関西では未開催だったことや、関西在住のニコニコユーザーからの開催希望が多かったことなどから、大阪なんばでの追加開催が決定していた。

関西初開催となる今回のイベントには、ニコニコ動画で活躍するユーザーのほか、坂田利夫や今いくよ・くるよ、西川のりお、ぼんちおさむ、村上ショージといった豪華ゲストが参加。会場への来場者は延べ2万人を記録し、イベントの模様を伝えたニコニコ生放送の中継番組(全3番組)の総視聴者数は約21万6千人にのぼった。

今回の町会議は、今や伝説となっている「中曽根OFF」からスタートした。中曽根OFFとは、ニコニコ動画創世記に多くのユーザーに支持された記念碑的な動画で、全国で有志による再現オフが開催されたことでも有名。コスプレをしたニコ動ユーザーとよしもと芸人らを載せた船が軽快なBGMにあわせて湊町リバープレイスを渡り、会場と生放送視聴者を大いに盛り上げた。

その後はメインステージに場所を移して、いよいよ町会議本番のスタート。オープニングセレモニーに登場した坂田利夫は「初めての経験でびっくりした」と挨拶し、今いくよ・くるよも加わって「どやさ」の掛け声と共にテープカットを行った。

町会議では毎回、一般ユーザー参加型によるさまざまな企画が行われている。この日も「のど自慢」や「踊ってみたオフ」などが会場内で開催されたほか、「√5」や「ギルティハーツ」といったニコニコ動画で人気のアーティストやダンスチームもステージで演技を披露した。

メインステージ以外でも多種多様な企画が催された。千日前商店街からの中継では、芸人のフルーツポンチが登場。道行く人にお題を与えてリアクションしてもらうという、大阪ならではの企画「大阪人の実態調査」が展開され、西川のりおやぼんちおさむといった大物芸人も出演して大盛り上がりとなっていた。

また、人気ゲーム実況チームの「M.S.S Project」がゲーム実況ブースで『Minecraft』を生実況したほか、集合似顔絵コーナーでは人気絵師の五月病マリオとせらみかるが来場者の似顔絵を巨大な一枚絵に描き込むなど、恒例の人気企画も開催された。

そんな今回の町会議のメインイベントは、なんといってもステージで行われた"出張版よしもと新喜劇"だ。内場勝則や未知やすえ、中田はじめといったおなじみの面々に加え、今回だけの特別出演としてニコニコ動画の著名ユーザーである百花繚乱とカミィも参戦。婦警役としてそれぞれの役をしっかりとこなし、蕎麦屋を舞台にした笑いあり涙ありの人情物語を盛り上げていた。

エンディングでは、出演者全員と観客による人気ボカロ曲『千本桜』の大合唱に続き、再び坂田利夫がステージに登場。さらに、シークレットゲストとして村上ショージが姿を見せるなど予想外のサプライズに、会場とニコ生コメントの盛り上がりはこの日最高潮となった。最後は村上ショージのおなじみのギャグ「ドゥーン!」で大盛り上がりの中、町会議は大団円を迎えた。

(吉田美奈子)