インテリックスが新たに新築マンション事業に進出

写真拡大

(株)インテリックス(山本卓也社長)は、リノベーション会社が創る、新たな新築マンション「リシャール目黒碑文谷(所在地:東京都目黒区碑文谷4丁目、規模:地上5階建て、総戸数23戸)」を販売開始した。
マンションのリノベーションでは、限られたスペースの中で、水回りや居室を再配置するプランニング力が重要になるが、その「1cm」も無駄にしない思想を、新築マンションでも貫いていることが、この「リシャール目黒碑文谷」の特長。水回りや廊下などのスペースを適正かつ最小化することにより、豊かな住空間を創出。有効なスペースを有効なフォルムで設計することにより、家具レイアウトが自在となり、住みやすさ、暮らしやすさを生み出すとしており、同じ面積のマンションの間取りと比べ、間取りや畳数だけでは見えてこない、「暮らしやすさ」からの設計思想を理解出来るはずという。
なお、「リシャール目黒碑文谷」は、東急東横線・都立大学駅徒歩8分。環状七号線から一歩入った「碑さくら通り」に面した高台。 周辺には碑文谷八幡宮やサレジオ教会があり、四季を語感で感じられる邸宅街にある。大型スーパーなど日常の利便性のほか、副都心線で渋谷、新宿三丁目などへ直結して乗り入れる東急東横線「都立大学」駅は、 ショッピングや通勤時のアクセスの良さからもますます人気を集めている。
「リシャール目黒碑文谷」(鉄筋コンクリート造5階建て、敷地面積:567.67平米、建築延床面積:1272.44平米、総戸数23戸)には、シングル、DINKS向けの1LDK・2LDK(専有面積33.94〜62.82平米)があり、販売価格は2792万円〜6233万円となっている。来春2月中旬の竣工予定で、消費増税前の住宅取得を応援したいとしている。