NISA(少額投資非課税制度)口座の開設手続きが10月1日から始まっている。顧客獲得競争は一段と激化し、NISAの仕組みは理解している投資家でも、どこの金融機関でNISA口座を開設すると有利なのか、迷ってしまう。そこでネット証券、大手証券、ネット銀行、メガバンク、地方銀行、生命保険のNISA口座をキャンペーンも含めて比較しよう。きっと、有利でお得な金融機関が見つかる。

地銀〜関西・中国〜

関西・中国、九州・四国・沖縄をまとめてみると、口座を開設すると2000円をプレゼントする琉球銀行(沖縄)の太っ腹が目立つ。佐賀銀行(佐賀)、鹿児島銀行(鹿児島)は1000円分のクオカードだ。さすが大阪と感心したのが大阪信用金庫(大阪)の700円という金額。相場の500円より高いから目を引くし、真相は不明だが住民票発行手数料の200円分を「おまけしておきまっせ」という心意気が表れている気がする。

中国銀行(岡山)は現金5000円と金額は高いが、投資信託を1回の取引で30万円以上を購入、抽選で2000名という条件が付いている。大物を狙ってみるのもおもしろいけれど……。

滋賀銀行(12月30日まで)
http://www.shigagin.com/
県内の融資シェアが5割に迫り、琵琶湖の浄化などエコ関連の融資に強い同行では12月30日までにNISAの口座開設を終えた人を対象に500円分のクオカードをプレゼント。草津市役所出張所、代理店や海外店ではキャンペーンの対象とはならない。クオカードの発送は11月以降、順次送付を予定している。

但馬銀行(※1 12月30日まで、※2 2015年3月31日まで)
http://www.tajimabank.co.jp/
2段階のお楽しみキャンペーンを展開。1つは500円分のクオカード※1のプレゼント。もう1つは、投信信託を20万円以上購入することで、抽選で1等は5万円分、2等は1万円分のVJAギフトカード※2がそれぞれ20名にあたる。抽選のプレゼントは投信購入20万円で1口応募することができる。

中国銀行(※1 12月30日まで、※2 3月31日まで)
http://www.chugin.co.jp/
「NISAでナイス(NICE)キャンペーン」として、スーパー定期3カ月物の店頭金利に0.8%を上乗せ。金額は100万円まで。また、同行で投資信託を1回の取引で30万円以上を購入した人を対象に、抽選で2000名に現金5000円があたる(※1)。さらに1月6日からは、1回の投資信託の購入が30万円以上で2000円がキャッシュバックされる(※2)。

近畿大阪銀行(12月30日まで)
http://www.kinkiosakabank.co.jp/
事前申込の特典として2種類のコースを用意。Aコースは「近畿大阪クラブ」で使える2000ポイントがもらえる。Bコースは住民票を代行で取得してくれるサービス(ただし、委任状を提出する必要あり)。「近畿大阪クラブ」は入会が必要(会費無料)で、同行での普通口座を持っていることが条件となる。

大阪信用金庫(10月31日まで)
http://www.osaka-shinkin.co.jp/
域内の産業経済の発展をサポートし、地域の繁栄に寄与する同行では、NISA口座の予約または申込みをして、12月30日(月)までに手続きを完了すれば、700円を現金でキャッシュバック。現金は2月17日に、投資信託指定口座に振り込まれる予定になっている。

広島銀行(10月31日まで)
http://www.hirogin.co.jp/
うれしい特典が2つ。NISAの口座開設の申込確認書を提出し手続きを完了することで、スーパー定期3カ月ものの金利が0.8%も優遇される。一人一回限りの利用で、上限金額は100万円までが対象となる。さらに、投資信託を累計で100万円以上購入することで、2000円がキャッシュバックされる。

池田泉州銀行(12月30日まで)
http://www.sihd-bk.jp/
NISA口座の開設を完了した人を対象にスーパー定期3カ月ものの店頭金利に0.50%が上乗せされる。金利は初回満期日まで適用。もし100万円を3か月預け入れた場合は、1294円(税引前)の利息が受け取れる。上限金額は100万円までで、新たに定期預金として預け入れる資金が対象となる。

山陰合同銀行(12月27日まで)
http://www.gogin.co.jp/
特別金利として6カ月ものの定期預金の金利に0.30%が上乗せされるキャンペーンを展開。預入金額は10万円以上、100万円以内が対象で1回限り。特別金利は預入日から初回満期日の前日まで適用。それ以降、継続する場合は店頭金利が適用される。代理店を除く全店でキャンペーンを取り扱い。

山口銀行(※1 10月31日まで、※2 2015年1月16日〜3月31日)
http://www.yamaguchibank.co.jp/
2段階のチャンスキャンペーンを用意。口座開設者全員に500円のギフトカードがあたる※1。郵送は11月以降に順次予定している。それにくわえて、50万円以上の投資信託の購入で1500円のギフトカードがもらえる。申し込みは特に必要ないが、1人1回限りで、1回の購入が50万円以上が対象。

地銀〜九州・四国・沖縄〜

佐賀銀行(12月30日まで)
http://www.sagabank.co.jp/
佐賀県内だけでなく福岡県にも多数店舗を出店しており、営業地域内での貸出金シェア4割、預金では5割を持っている同行では、口座開設者に1000円分のクオカードをプレゼントしている。NISA口座の開設にあたっては、投資信託の口座開設も同時に必要となっているので、注意が必要。

鹿児島銀行(12月30日まで)
http://www.kagin.co.jp/
九州に展開する地銀で最高ランクの格付けを誇り、宮崎県へも出店している同行のNISAキャンペーンは現金1000円のプレゼントを実施。NISA口座の開設を完了した全員がもれなく対象となる。現金のプレゼントは2014年4月下旬以降に投資信託指定預金口座に入金される形となる。

琉球銀行(12月30日まで)
http://www.ryugin.co.jp/
県内トップの貸出、預金シェアを誇る同行では、「NISAもりゅうぎんキャンペーン」として、口座開設者に2000円をプレゼントしている。那覇空港内出張所、安謝市場出張所以外の全店舗での手続きが、キャンペーンの対象となる。NISA口座の開設には、同時に投資信託取引口座の開設が必要となる。

地銀〜東北・北陸・甲信越〜

東北・北陸・甲信越では、仙台銀行(宮城)ときらやか銀行(山形)がクオカード500円分か住民票取得代行サービスの選択ができる。金額が最も大きいのが富山第一銀行(富山)で1000円をプレゼント。

仙台銀行(12月30日まで)
http://www.sendaibank.co.jp/
2つのコースから選べる特典キャンペーンを展開中。1つはNISAの口座開設の申し込で、クオカード500円分がもらえる。もう1つはひと手間が必要な住民票の取得を無料で取得してくれるサービスだ。このどちらか1つを選ぶことができる。クオカードを選んだ場合は、税務署での口座開設が確認できた後に順次発送。

七十七銀行(12月30日まで)
http://www.77bank.co.jp/
「〈七十七〉でNISA」としてWキャンペーンを実施している。1つはNISA口座開設者に現金500円分をプレゼント。さらに、もう1つは投資信託を期間中に累計で100万円以上購入すると、現金が1000円もらえる。条件を満たすことで自動的にエントリーされるので、特に申し込みの必要はない。

八十二銀行(12月30日まで)
http://www.82bank.co.jp/
長野県を地盤として県内の貸出シェア4割を誇っており、農業分野へのサポート支援を成長事業として位置付けている同行では500円分のクオカードがもらえるキャンペーンを展開している。いまのところクオカードの郵送は口座開設を完了した人を対象に11月〜2月を予定している。

きらやか銀行(12月30日まで)
http://www.kirayaka.co.jp/
NISAの口座開設の申し込みで、クオカード500円分がもらえる。さらに、もう1つはひと手間が必要な住民票の取得を無料で取得してくれるサービスだ。2つのコースから選べる特典キャンペーンで、このどちらか1つから選ぶことができる。住民票の取得代行は、NISA口座開設届書と住民票取得の委任状に記入するだけ。

富山第一銀行(12月30日まで)
http://www.fi rst-bank.co.jp/
「限りなくクリア(透明)、サウンド(健全)、フェア(公平)」を経営理念として、地域経済の活性をサポートしている同行では、NISA口座の開設申し込みをして完了した人を対象に、1000円分の現金をプレゼントする。現金は平成25年12月以降順次に、投資信託の普通預金口座に入金される。

福井銀行(12月30日まで)
http://www.fukuibank.co.jp/
「家族でありがとう定期預金」として、NISA口座の開設した人を対象に、定期預金3カ月もの店頭金利に1.0%上乗せ。家族も2人までが対象となり、1人の場合は1.1%、2人の場合は1.2%が上乗せされる。金額はそれぞれ、10万円以上、100万円以上が上限。優遇金利期間は3カ月なので、それ以降は店頭表示金利が適用される。

山形銀行(12月30日まで)
http://www.yamagatabank.co.jp/
2つのコースから選べる特典キャンペーンを展開中。1つはNISAの口座開設の申し込で、クオカード500円分がもらえる。もう1つはひと手間が必要な住民票の取得を無料で取得してくれるサービスだ。このどちらか1つを選ぶことができる。クオカードを選んだ場合は、税務署での口座開設が確認できた後に順次発送となる。

山梨中央銀行(3月31日まで)
http://www.yamanashibank.co.jp/
2つのおトクな特典キャンペーンを実施している。1つは、1カ月物の定期預金の金利が1.0%上乗せされるもの。上限金額は100万円。さらに、もう1つの特典は500円の現金キャッシュバック。12月以降、NISA口座の申し込み完了者を対象に投資信託の指定預金口座に入金される予定だ。

※金利は税引き前のもの。キャンペーンは予告なく終了する場合もある。

この記事は「WEBネットマネー2013年12月号」に掲載されたものです。