写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都交通局はこのほど、都電荒川線の7000形7001号車を旧都電カラーに塗り替え、運行開始した。黄色に赤帯の「旧都電カラー」は、車掌が乗務していたツーマン時代(昭和40年代)に使われた車体色だ。

同車両は当分の間、旧塗装で運転されるとのこと。なお、都電荒川線では、ワンマン化された時期の旧塗装(黄色に青帯)を復刻した車両(7022号車)も、2005年から運転されている。

(佐々木康弘)