写真提供:マイナビニュース

写真拡大

仙台市交通局、宮城交通、仙台市都市整備局で構成する仙台IC乗車券推進協議会はこのほど、2014年度に導入する「仙台IC乗車券」の名称を「イクスカ」に決定した。

「行く」に仙台弁の語尾「〜すか」を組み合わせた名前で、英語の「イクスカーション(excursion、小旅行・遠足)」の意味も含まれているとのこと。同協議会は名称の決定に際して一般公募を実施。8月22日から9月17日までの募集期間に2,198通、1,057通りの名称案が寄せられた。その中で、「イクスカ」の名前を応募したのは6名。審査の結果、「イクスカ」には、「行きますか」「行きましょう」の意味があり、公共交通の利用促進が表現されていることと、誰でも発音しやすいことなどから採用されたという。

「仙台IC乗車券」は、2014年度に地下鉄南北線、2015年度に路線バスおよび地下鉄東西線に導入される予定。使い方などは一般的なIC乗車券と同じ。同協議会では今後、今回決定した名称をもとにカードのデザインなどを決定。「イクスカ」の表記方法やロゴと合わせて後日発表するとしている。

(佐々木康弘)