写真提供:マイナビニュース

写真拡大

福岡地所が運営するキャナルシティ博多は16日から12月25日まで、「願いのクリスマスツリー」を点灯する。

○立体的に装飾したり動かすことができるツリー

同アトラクションは、テクノロジスト集団「チームラボ」が開発した立体ディスプレイ「インタラクティブ4D ビジョン」で構成される。約5万個のフルカラーLEDチップを、直径6m、高さ約9mの円柱状に内部まで配置。来場客が、スマートフォンなどの端末を使用することで、オーナメントや光の演出を、クリスマスツリーに飾ることができる。

16日の19時からは、ゲストに女性シンガーのCharaを迎え、点灯式を行う。 式では、チームラボが制作したスマートフォンアプリ「つながるキャンドル」を利用した演出がされる。同アプリは、スマートフォンの中に灯る火を、キャンドルリレーのように、点灯させてつなぐもの。アプリをダウンロードすれば、誰でも参加することができる。

同アトラクションの設置場所は、同施設地下1階のサンプラザステージ。点灯時間は、16日が点灯式から。以降、期間中は10時〜24時となる。また、同施設全体では今年、アートディレクターに迫 慶一郎氏を迎え、クリスマスイルミネーションの演出を行う。

(エボル)