写真提供:マイナビニュース

写真拡大

横浜赤レンガ倉庫は30日〜12月25日、「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」を開催する。

○横浜港が眼前に広がる、ここでしか味わえない空間を演出

同イベントは、今年1号館が創建100年を迎えた横浜赤レンガ倉庫で開催される、クリスマスシーズンに向けた冬限定イベント。今年はモミの木の並木道がエントランス部分に初登場し、温かみのあるイルミネーションで飾られた並木道がクリスマスマーケットへと誘う。

マーケット内に立ち並ぶ、本場ドイツさながらの14台の「ヒュッテ(木の小屋)」では、ツリーのオーナメントやドイツ・エルツ地方の伝統工芸品"エルツ人形"などのクリスマス雑貨のほか、ホットワインやソーセージ、ドイツのケーキ"シュトーレン"など、クリスマス気分を盛り上げるアイテムを多数用意。また、広場中央には、幻想的なイルミネーションで彩られた高さ12mのクリスマスツリーも登場する。

2号館3階には「サンタの部屋」が初登場。運がよければ部屋でくつろぐサンタクロースとの記念撮影や、 館内を散歩するサンタクロースからのプレゼント配布など、クリスマスならではのワクワク感を体験できるという。 毎週水曜日には「サンタの部屋」に人工雪が降り、ホワイトクリスマスを観覧できる。

また、2号館3階「BEER NEXT」では11月から12月にかけて「リース作り体験教室」(所要2時間・有料/ランチ付)を1日20名限定で実施。直径25cmのもみの葉(フェイク)の土台に、思い思いの飾り付けをしたクリスマスリースは、自宅用だけでなくプレゼント用にも使用でき、手作りの楽しさも思い出となる。そのほか、館内の各店舗でも冬限定メニューやグッズを多数取りそろえる。

そのほか、今年は"LOVE"をテーマに、音楽に合わせて花火が横浜の冬空を彩る「おしゃれHANABI in赤レンガぱ〜く」を開催(12月13日、20日、25日限定企画)。12月31日には、毎年恒例のカウントダウン花火も実施する。

開催日時は、11月30日〜12月25日 11時〜22時(12月21日〜24日のみ11時〜23時:店舗により異なる)。ライトアップは、16時〜22時(ツリーのみ24時まで点灯)。11月29日には、オープニングイベントを予定している。雨天決行、荒天は休業の場合あり。会場は、横浜赤レンガ倉庫 イベント広場(神奈川県横浜市中区新港1-1)。入場料無料で、飲食代は別途。その他、詳細は同イベントWebページを参照のこと。

(エボル)