43年ぶりのアジア選手権優勝。しかも7戦全勝でのアジア制覇は初の快挙だ。しかし地上波での放映はなく、決勝と準決勝にいたっては生中継もなかったため、今回の優勝を目にできなかったファンもたくさんいた。そしてこの結果に「なぜ優勝できたの?」と疑問に思った人もいるはず。日本の女子バスケはそれだけ長い間、国際大会ではあと一歩のところで涙を飲んできた。

 しかし、日本は昨年のロンドン五輪最終予選であと一勝のところで敗れた、いわば世界で13番目のチーム(五輪出場枠は12カ国)。今年になって急に強くなったわけではないのだ。

 アジアでライバルとされる中国は世代交代の最中にあり、韓国は負傷者が続出した。だが、大会にピークを合わせたチーム作りができなかったこと自体が実力であり、日本はこの最大のチャンスを、3クォーターラインから激しく当たるディフェンスを武器につかみに行った。

 昨年のロンドン五輪最終予選で、強豪チェコ相手に47-53と迫ったのも運動量の多いディフェンスを発揮したからだった。それ以降も、世界の強豪に通用したディフェンスとスピードを継続し、オリンピック次点の国が、"あと一歩"の壁を乗り越えたからこそ、つかんだ優勝だったのだ。

 これまで日本が乗り越えられなかった"あと一歩"の壁とは何だったのか。内海知秀ヘッドコーチ(HC)と選手のコメントから、優勝の原動力と今後の可能性について考察してみた。

■キーワード(1)乗り越えた"あと一歩"の壁――宿命のライバル韓国を撃破

 過去のアジア選手権での日韓戦成績は韓国の25勝に対して、日本は5勝。韓国に勝ったのは2004年アテネ五輪予選の準決勝まで遡(さかのぼ)らなければならず、圧倒的に分が悪かった。それが今大会、予選ラウンドと決勝で2連勝。特に予選ラウンド3戦目の韓国戦を、延長で制したことが今大会のターニングポイントになった。

 日本は終盤に7点のリードを奪ったが、土壇場で連続3ポイントを決められて、残り44秒で逆転されてしまう。もはやここまでか、と思われた。しかしここから、大神雄子と渡嘉敷来夢、ふたりのエースが攻めたのだ。

「残り時間と相手のファウル数を考えて、最悪でもファウルをもらおうと思った。タク(渡嘉敷)がリバウンドを取ってくれるから安心して攻めに行けた」とドライブインにいった大神だが、これはブロックされてしまう。しかしラスト9秒の攻めで「シンさん(大神)が攻めたのを見て、次は自分がいかなきゃ」とゴールに向かった渡嘉敷がファウルをもらう。ここで得たフリースローを2投を決め、延長に持ち込んだ末に78-71で勝利した。

 司令塔の吉田亜沙美は、この韓国戦では最後まで攻めたこともさることながら、粘って延長に持ち込んだことが収穫だと勝因を語っている。

「自分たちのオフェンスがダメだったときに、ディフェンスを頑張ろうという我慢ができた試合だった。ディフェンスで我慢して粘っていれば、シンさんやタクが攻めたように、オフェンスの流れがくることをみんなが知ることができたゲームたった。この勝利で何か吹っ切れたものがあって、チームの気持ちがグッとひとつになったんです」

■キーワード(2)乗り越えた"あと一歩"の壁――永遠のテーマだった「高さ」

 これまでの日本は、どんなに身体を張って守っても、どんなにスピードで引っ掻き回しても、最後は高さの前に涙を飲んできた。それが、足のケガから復帰した192cmの渡嘉敷来夢が加入したことによって制空権を手に入れた。長身者の揃(そろ)う中国に対し、ゴール近辺、ペイント内での得点が日本46点、中国22点という数字は、これまでの戦いからは考えられない支配率である。

 渡嘉敷のいちばんの貢献は、リバウンドに跳び続けていたことだ。そして渡嘉敷の加入によって、身体の強さとポジション取りがうまい対角センター、184cmの間宮佑圭も連動した。また、189cmの王 新朝喜(おう あさこ)がインサイドの控えとしてつないだのも大きい。これまでにない3人のインサイドによってマークが分散され、アウトサイドとの連携も生き、走り込んでチャンスを作った宮元美智子の効果的な3ポイントへとつながったのだ。

 しかし高さといっても、日本の場合、190cm台は渡嘉敷一枚にすぎない。そこで、日本の特長になるのが、高さに機動力がプラスされた部分だ。これは新しい武器である。

「今大会はすごく落ち着いてできました。自分では、去年の最終予選で手応えをつかめた経験がつながっていると思います。相手に前から守られても、予選ラウンドから対処してきたので、そういう意味でも決勝では準備ができていました。試合をするごとに、タクといろんなポストプレイが成功して、やっていて楽しかったです」(間宮)

■キーワード(3)壁を乗り越えた先にある日本の新たな可能性

 日本は渡嘉敷の躍進と脚を動かし続けたディフェンスで43年ぶりの優勝をもぎ取った。では、今回の優勝は中国と韓国の低迷によるものだったのかといえば、決してそうではない。日本だって、昨年のオリンピック最終予選から半数が変わったキャリアの浅いチーム。成長の最中でつかんだ優勝は、これからさらに飛躍する可能性を感じさせた。

「まだまだ未完成のチームだけど、今回優勝したことで、今度はプレイの精度を高める課題へとステップアップしていける。来年の世界選手権はこのメンバーに加え、ケガから復帰する高田真希や長岡萌映子らがメンバー争いをしてくれるだろうし、アンダーカテゴリーで中国や韓国に勝っている若い世代があとに続く。今回の優勝を契機に、リオデジャネイロと東京へ、何としてもつなげていかなくてはならない」(内海HC)

「"自分がやらなきゃ"という責任感とプライドが出てきた大会でした。自分はまだまだやれると思っています。今は早く世界に挑戦してみたい気持ちでいっぱいです。そりゃ東京も出たいですけど、オリンピックというのは自分たちの力で切符を勝ち取るものじゃないですか。だから、目標はリオデジャネイロ。ここがリオへのスタートラインだと思っています」(渡嘉敷)

 壁を乗り越えた先には一段高い目標が待ち受ける。今回の優勝によって、来年の世界選手権をステップと考え、さらにその先のリオや東京まで、階段を上り続けるという明確な目標へと変わった。

小永吉陽子●文 text by Konagayoshi Yoko