3度目の五輪に挑む日本のエース高橋大輔は、今シーズンに入る前から、気持ちがどこか"逃避"しているかのようだった。ソチ五輪に向けての熱く強い気持ちを"醸成"できないまま、グランプリ(GP)シリーズの初戦だったスケートアメリカに出場。結果はショートプログラム(SP)5位、フリー4位の総合4位に終わる惨敗だった。昨年の中国杯でも後塵を拝した後輩の町田樹に、再びお株を奪われる羽目になった。GP初戦からのつまづきに、さすがの高橋も自信をなくしてしまったという。

「今シーズンは自信がない自分や、気持ちが入っていない自分がいて、そのためにシーズン初戦のスケートアメリカで自信のない演技をしてああいう結果に至ったので、今大会はパーフェクトな演技をして自信を取り戻したい。現状は厳しいが、優勝を目指していく。調子はいいので気持ちで負けないように前向きに攻めていきたい」

 NHK杯直前の記者会見でこう語った高橋の表情はどこか吹っ切れ、ピリッと気持ちが引き締まっているようにも見られた。それもそのはずだ。精彩を欠いたスケートアメリカ後、高橋は、昨シーズンからチーム高橋に加わったニコライ・モロゾフコーチにきつい言葉を浴びせられたのだそうだ。モロゾフコーチは、高橋にとって精神面をサポートしてくれる人物。叱咤激励や気持ちを奮い立たせてくれるコーチングで高橋の闘争心を導いているという。

「GP初戦と2戦目のこのNHK杯では意識がまったく違う。スケートアメリカが終わった後、ニコライからきついことを言われ、チームでのミーティングでも、オリンピックに対する自分の気持ちが足りないことをがつんと言われた。それは、自分でも気づいてはいたんですが......。だから、アメリカから帰ってきてからは気持ちが切り替わり、ジャンプにフォーカスして練習に打ち込んできた。ニコライから言われた言葉ですか? それは痛いところをつかれたというぐらいで、あまり深いところは聞かないでください(笑)」(高橋)

 失った自信を取り戻したいと宣言していた高橋が一体、どんな演技をしてくるのか。期待と不安があったNHK杯だったが、蓋を開けてみると、ここぞという舞台では力を発揮する高橋らしく、日本のファンをしびれさせるプログラムを披露した。

 ノーミスの出来だったSPは久々に完璧な4回転トーループを見せた。『バイオリンのためのソナチネ』に乗って、音をしっかりと捉えた息を飲むほどの迫力ある演技からは気合も十分に伝わってきた。技術点ではただ一人50点台に乗せるなど、合計95.55点は世界歴代2位の高得点。昨シーズンにパトリック・チャン(カナダ)が出した98.37点に次ぐもので、次代のエース、羽生結弦が記録した日本人最高の95.32点を上回る得点だった。

「久々の会心の演技だった。思い切っていろいろ考えずにできて前向きになれた。シーズン初戦でなかなかいい演技ができなかったので、95点が出たのは正直びっくり。気持ちの面での改善はできたと思う」(高橋)

 続くフリーでも勢いがあった。冒頭の4回転トーループをきれいに着氷させて成功。2本目に予定していた4+2回転の連続ジャンプは3回転トーループになった上にステップアウトで減点され、中盤のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)でも着氷でバランスを崩して手をついた。だが失敗はこの2つのジャンプだけで、『ビートルズメドレー』の5曲それぞれの音楽を全身で受け止めて表情豊かに表現してみせた。今季最高の合計268・31点が出て優勝が決まると、SP後にも見せなかった笑顔をやっと見せて喜んだ。

 フリーの技術点だけは織田信成に7.20点差をつけられて2番手だったが、SPとフリーの演技構成点はいずれも9点台が並ぶ高得点をマークして他を圧倒。課題の4回転も、SP、フリーで計3度挑戦し、2度完璧なジャンプを跳んだことは、今後につながる大きな収穫になったはずだ。また、一戦ごとにプログラムの成熟度も増してきており、大技のジャンプが失敗なく決まってくれば、心に残る素晴らしい"作品"になりそうだ。

「今日のフリーは、演技よりも、次へ次へという感じでジャンプのことばかり考えていた。4回転もまだ2本続けて跳べていないので、次の試合に向けて練習を続けたい。オリンピックに向けて、この大会をいいスタートにできればいい。シーズンに入る前、平静心でいようとしたことが気の緩みを生んでしまっていたのかも。やはり攻めの気持ちが大事だと思いました。シーズンの最初が悪かったのは、(9月中旬に)靴を替えてタイミングが合うまで時間がかかったり、いろいろありますが、最後は気持ちの問題でしたね」(高橋)

 長年、高橋を指導してきた長光歌子コーチは、「スケートアメリカでは勝負する意識がなかったが、今日は闘争心があったし、強い気持ちでよく2日間を通してくれた。ニコライが上手に彼の闘争心を呼び覚ましてくれた。初めてのトリノ五輪はがむしゃらに、次のバンクーバー五輪はケガ明けで他のことは考えずに取り組めたが、今回のソチ五輪に向けてはきちんとモチベーションをつけられなかった。ここまである程度のものを手に入れてしまい、自分で自分を高めることが難しい中で、ニコライの存在はありがたい味方になっている。とにかくこのNHK杯で彼本来の力を出してくれて安心した」と振り返った。

 それぐらい、3度目の五輪シーズンを戦う舵取りは難しかったようだ。だが今回のNHK杯で優勝を飾り、本来の実力を見せただけに、シーズン序盤の不調の原因だった自信のなさとモチベーションの欠如は払拭できたに違いない。高橋自身は五輪についてこう語る。

「1度目のトリノのときは、五輪がどういったところか分からず、織田くんと代表1枠を取るために争った全日本で力尽きてしまったところがあったし、2度目のバンクーバーのときはケガ明けだったので、いけるかいけないかの不安の中で、気づいたら五輪が来てしまった感じだった。3度目のソチは3年前から五輪を目指すと決めた中で、この時期にもう一回カツを入れられた。ぎりぎりにならないと気持ちが入らない自分に、順調にはいかないなと改めて痛感した。今回の五輪シーズンは、気持ちの面でも身体の面でも(代表争いの)メンバー的にも、一番ハードではないかなと思います。やっと五輪に向かう舞台に立てたので、これからが本当のスタートかなと思います」

 GPファイナルに進出できるかはまだ分からないが、シーズン初戦の敗戦が"良薬"になったことを、このNHK杯で証明できた。日本のエース高橋が、五輪代表選考会の全日本選手権に向けていよいよ全開で動き出しそうだ。

辛仁夏●文text by Synn Yinha