「ご離婚なされたのですか?」 聞いたらぽかーんとしてしまう間違った敬語「お」「ご」の使い方

写真拡大

近年増加している離婚。悲しいイベントのため、敬意を示し

「ご離婚なされたのですか? 大丈夫ですか?」

と言ってしまいますよね。でも、これ間違った敬語です。

マイナスな言葉に敬語は使いません

「田中さんは海外でご活躍なさっています」

のように、「お(ご)〜なさる」という敬語を使うことで、敬意を表すことができます。しかし、どんなものにも使えるわけではありません。

「A社がご倒産したらしいよ」
「Aさんご離婚なされたんですって」

のように、マイナスのイメージの言葉には、「お」「ご」をつけることはできません。マイナスのイメージを持つ言葉は敬語となじまないからです。

ふざけ
まぬけ
とんま
あばた
けつ
失敗
横領
痴漢
いじめ

などマイナスの言葉には敬語である「お」「ご」はつけることができないので注意しましょう

「間違いやすい敬語特集!」の詳細を調べる