写真提供:マイナビニュース

写真拡大

真剣に恋をする男の姿は滑稽で、せつなくて、男性諸氏は笑いつつも共感し、女性は母性を感じて応援したくなる。渥美清はそんな男を演じさせたら超一流の役者だ。それは『男はつらいよ』で誰もが認めるところ。『男はつらいよ』のTVシリーズ放送の前年に公開された『喜劇 団体列車』でも、渥美清が恋する駅員を演じている。

舞台は四国。蒸気機関車から気動車に切り替わる時代だ。宇高航路・仁堀航路という2つの鉄道連絡船も登場。珍しい車両も大きく映る。いまとなっては資料価値の高い作品だ。

○思い、思われ…、奮戦するも、じつは幸せな独身男

『喜劇 団体列車』の公開は1967(昭和42)年。その半年前に公開された『喜劇 急行列車』に続くシリーズ2作目にあたる。瀬川昌治監督、舟橋和郎脚本など、スタッフもほぼ同じ。次作『喜劇 初詣列車』と合わせて、「喜劇列車シリーズ3部作」と呼ばれている。もちろん主演はすべて渥美清。ただし役柄は異なる。『喜劇 急行列車』の主人公は夫であり、父親でもある寝台特急の車掌が、初恋の女性と再会し、ときめくという話だった。

『喜劇 団体列車』の主人公、山川彦一(渥美清)は独身。四国の小駅の駅員だ。マドンナは2人もいて、シングルマザーの教師、志村小百合(佐久間良子)と、お見合い相手の日高邦子(城野ゆき)。彦一はイケメンではないけれど、実直な性格でモテモテである。1作目より寅さんのイメージに近いけれど、じつは幸せで、本人はそれに気づいていないという役柄だ。

母(ミヤコ蝶々)と彦一は2人暮らし。四国の伊予和田駅に勤務している。ある日、列車の車掌から迷子の男の子を託され、仕方なしに親元へ連れて行く。男の子の母親、吉村小百合と出会い、母子家庭と知ると、彦一にほのかな恋心が芽生える。そんな彦一の気持ちとは別に、母や近所の人々は彦一の見合いを進める。相手は国鉄勤続40年で退職した駅長(笠智衆)の娘、邦子だった。

しかし、団体旅行の勧誘担当である彦一は、対面しても見合いの席とは気づかない。邦子は実直な彦一に好意を寄せる。しかし当の彦一は、助役試験の勉強を理由に小百合の家に通い続ける。彦一の恋の行方はいかに……。

転んだり落ちたり、勘違いで会話が進んだりと、笑いの典型的な場面を散りばめつつ、彦一のまっすぐな気持ちに共感する。それだけに笑いどころが際立つ。いまとなっては古い映画だけど、笑いのツボは現代にも通じる。そしてロケ地・四国の景色の美しさ。いまも変わらぬ景色だろうか? 松山、宇和島、奥道後へと旅立ちたくなる映像だ。

○佐久間良子の登場シーンに謎の車両が……

彦一が勤務している「伊予和田駅」は架空の駅。ロケ地となった駅は予讃線の堀江駅だ。ヒントは案内掲示の「道後温泉バスのりかえ」「呉行きフェリー連絡口」だ。この呉行きフェリーとは、国鉄の鉄道連絡である。仁堀航路といって、愛媛県松山市の堀江港と広島県呉市の仁方港を結んでいた。本四連絡船といえば宇高航路が知られているけれど、宇高航路は四国の東寄り、仁堀航路は四国の西寄りで本州と連絡していた。堀江駅は現在は無人駅となっているけれど、当時は10人以上の駅員が詰めていたようだ。

伊予和田駅を発着する列車は、蒸気機関車牽引のスハ43系客車列車と、キハ58系急行形気動車だ。国鉄が協力したためか、どちらもピカピカに磨かれている。もしかしたら両方とも新車かもしれない。グリーン車キロ28を含む急行形気動車の勇姿、キハ58形のヒゲ付き顔もちらりと見られる。中間に荷物車を入れて4両で走るキハ20系も頼もしい。蒸気機関車はC58形と9600形が登場する。来年春、東北地方のJR釜石線でデビューする「SL銀河」もC58形だ。『喜劇 団体列車』を見て、往年の姿と見比べてもいいかもしれない。

面白い車両として、序盤、小百合の登場シーンの背景に妙な形の気動車が出てくる。101系電車を思わせる平たい顔にヘッドライト1灯。これはキニ15形だろう。キロハ18形を改造した荷物専用の気動車だ。無理やり運転台を作ったために、平たい顔になったというわけだ。同種の改造は四国内では10両ほど。うちキニ15は2両しかなかった。現在も模型で紹介されているけれど、ほとんどは首都圏色。ところが劇中では一般色だ。珍しい映像といえる。

この他、国鉄四国支社の配慮のせいか、ロケ地は松山駅、宇和島駅、高知駅、徳島駅を網羅。すべて現在は見られない旧駅舎だ。この建物や駅周辺の風景も見所といえる。

○映画『喜劇団体列車』に登場する鉄道風景

(杉山淳一)