今年の女子就活生のキーワードに「キラキラ20時退社」というのがある。どういう意味なのか。そこから彼女たちのワークライフバランスについての意識が伺える。作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が解説する。

 * * *
 女子大生の企業選びの新基準として「キラキラ20時退社」が浮上しています。この最新トレンドをご紹介しましょう。

 ある20代の女性向け人気ファッション誌の編集者に聞いた話です(誰もが知っているあの雑誌です)。就活特集のために、読者を取材していたそうなのですが、そこで読者から頻出したキーワードがありました。それは「キラキラ」と「20時退社」です。

「キラキラ」とはどういう意味でしょう?それは、仕事に輝いている感、充実している感があることだとか。リア充感とも言えます。イメージする業界はウェブ系などです。オシャレな人が多くて、仕事も充実しているというイメージを抱くのですね、女子学生は。たしかに、数年前、有名ウェブ系企業の内定式がリア充すぎると話題になったこともありましたね。

「20時退社」はどういう理由からでしょうか。これは、実は絶妙なバランスから出た答だとか。17時半や18時の定時に終わるのは、なんだか働いていないみたいで罪悪感があるのですね。合コンもスタート時間がたいてい20時。そう、イケている社会人が集まる合コンは20時スタートが多いのだとか。イケている人ほど、暇じゃないですからね。それまで2時間待つのはどうか、と。一方で、21時以降退社だと、一気に社畜度、ブラック企業度がアップしそうだと感じるわけです。たった1時間でもだいぶ印象が違いますね。

 サンプル数の少ない、インタビュー調査ではありますが、ただ、気持ちは分かります。ずばり、女子学生にとってちょうど良い企業がないのですよ。

 ここ数年、女子学生に特化した就活イベントが開催され、講師として呼ばれる機会が増えているわけですが、就活が始まったばかりの彼女の悩みは、いまだに「一般職か、総合職か」というものです。津田塾、東京女子大などトップクラスの女子大学はもちろん、早慶の学生もここで悩んでいるのですね。

 仕事も、結婚も、出産・育児もすべて両立したいと思っている女子学生にとって、会社選びは悩ましい問題なのです。「合理的に考えると、長く働こうと思うなら基本的に異動・転勤がなく、仕事の範囲も限られている一般職になってしまう」というのが、彼女たちの悩みです。一方、仕事はちゃんと頑張りたい。プライベートでも輝きたい。

 そんな悩みの末の結論が、「キラキラ20時退社」というわけです。この言葉自体は、お気楽な臭いがしますが、やや見方を変えると、仕事もプライベートも充実させたい、一般職というのもちょっと抵抗があるという彼女たちの自己主張の現れです。

 みんなが単にワークライフバランスを求め、ゆるく働きたいと思っているわけではありません。女性にとってちょうど良い働き方論争は今後も続くでしょう。入る時点ではなく、入社した後も忙しさを選べる社会。これが理想ではあります。サイボウズのように、年によって忙しさを選べる企業も出てきてはいますが。

「キラキラ20時退社」というのは、お気楽そうで、彼女たちの自己主張、こだわりだと思います。もちろん、応援します。