高畑勲、朝倉あき、高良健吾

写真拡大

[シネママニエラ]14年ぶりに新作を発表した高畑勲監督のスタジオジブリ最新作『かぐや姫の物語』の完成報告会見が11月7日、都内のホテルで行われた。ヒロインかぐや姫の声を担当した朝倉あき、高良健吾、宮本信子、田畑智子、宇崎竜童、上川隆也、朝丘雪路、主題歌「いのちの記憶」を歌う二階堂和美、脚本の坂口理子、そして高畑監督が出席した。

製作期間8年、総製作費50億円を投じた本作について、高畑監督は「映画の完成に心から感謝したい。優秀なスタッフにありがたい気持ちでいる。大変満足を覚えているし、ずうずうしく言うと、日本のアニメーションを一歩を進める作品になった気がしている」と心情を言い表した。

かぐや姫の声は高貴で手の届かない、この世にいないような美女の声をどうすればいいか悩んだという朝倉。その逡巡は、台本を読み「のびのびと心のままに」あると気づいたのだとか。かぐや姫を育てる媼(おうな)の声を務めた宮本は、「日本の誇るアニメーションの伝統になると。日本古来の絵巻に出てくるように人物が浮き立つ動き、素晴らしい色彩も、世界だかでなく、月まで行って欲しい」と、ユーモアを交えて語った。

高畑監督からの「気持ちをなぐさめるような曲に」という要望に応えた二階堂は「おこがましいのですが、よくぞわたしにこの依頼をしてくれた、よし、まかせろ!」という心持で臨んだことを明かす。

原作=竹取物語
日本公開=2013年11月23日
配給=東宝
公式サイト=http://www.kaguyahime-monogatari.jp
c2013 畑事務所・GNDHDDTK

こちらの高畑勲監督『かぐや姫の物語』日本アニメを一歩進める作品が完成した! 続きはシネママニエラにて

南樹里のシネママニエラ