レシート撮影すると家計簿に

写真拡大

レシートをカメラで撮って入力終了、あとはスマートフォンが仕分けや計算をしてくれる――。家計簿がそんなに手軽につけられるなら、と主婦らのアプリ利用者がぐんぐん増えている。なかでも、7月にリリースされた大日本印刷(DNP)の「レシーピ!」は「付けなくて済む家計簿」を目指しており、近い将来、レシート撮影すらせずに済むようになるかもしれない。

72歳男性も、使い勝手に感激

新時代の家計簿は、新たな需要を開拓して利用者を増やしている。DNPのCBメディア開発室の嶋岡立行室長によると、レシーピ!リリース後間もないころに、偶然迷い込んだ1本の電話から、まったく想定外の利用者がいることが分かった。

その主は北海道在住の72歳の男性。妻に先立たれ家計の管理に困っていたところ、飲食店で若い女性からレシーピ!のことを聞いたという。スマホは持っていた男性だが「ダウンロード(DL)」の仕方が分からない。そこで携帯ショップを訪ねて相談、店員がアプリをインストールしてくれた。

男性はしばらく使ったのち、その「便利さ」に感激したあまりDNPに電話。「家計簿を勝手につけてくれる」などと、うれしそうに話したという。

レシートを撮影するだけで、購入品名や価格、合計金額はもちろん日付や店舗名を自動で読み取り、食材や日用品、衣料品などの項目の仕分けや編集なども可能。レシーピ!読み取り機能は精度が高く、金額以外の情報も読み込めるようになっている。DNPによると、レシーピ!の利用者の8割は20〜40代。男女比は2対8。全体的には同社の想定に近い結果が得られているという。

将来は…スーパーで精算時にスマホがデータ受信

レシーピ!は2013年7月1日にリリースされ、DNPによると、その後4ヵ月間のDL数は約30万。うち8割がユーザー登録をするなど、その数字からも利用者にとって使い勝手がよかったことがうかがえる。

DNPは当初、9月1日から有料化(170円)を計画していたが、当初の想定を超えるDL数に「こんなにニーズがあるのであれば、無料でより多くの人に使ってもらおう」と、無料期間の無期限化を決めた。

パソコン(PC)が家庭に普及し始めたころ、主婦たちの主な使い道の一つは家計簿だった。記入や計算の手間が省けることが続ける決意を後押ししたためだが、多くの人は結局、面倒になったり忘れたりで挫折したという。ところが、いま、PCにかわって普及の速度を速めているスマートフォンの場合は、時や場所を選ばず使える機動性のほか、いたれりつくせりのアプリが、後押しどころか手を引いてリードしてくれるガイド役となり利用者が急増している。

「付けなくて済む」を達成するためレシーピ!はこれからますます進化する見込み。嶋岡室長によれば、スーパーなどのレジで精算時に、そのデータがスマホに送られレシーピ!が読み取り、買い物時に家計簿が付けられるようになる仕組みが実現間近で、一部で運用されるという。