市民ランナー・中島彩の「続・東京マラソンへの道」

 みなさん、こんにちは! 『走るフリーアナウンサー』の中島彩です。11月3日、私は「第8回湘南国際マラソン」に参加してきました。毎年多くの人が訪れる大磯ロングビーチ、サザンオールスターズにあやかって改名されたサザンビーチちがさき(旧・茅ヶ崎海水浴場)、そしてデートコースとして有名な江の島と、潮風を感じながら名所を走る人気の大会です。今回は、そんなビーチサイドを走った思い出を振り返ります。題して、「RUN×湘南国際マラソン」。フルマラソン部門に参加した私は、マイペースに走って湘南を満喫してきましたよ!

☆給食のバリエーションにビックリ!

 大会当日、会場の大磯ロングビーチは、約2万人のランナーたちで溢れ返っていました。湘南国際マラソンは、大磯から江の島まで走り、折り返して大磯へと戻る絶景の海沿いコースです。完走のポイントは、8つの関門をクリアし、制限時間の6時間半以内にゴールすること。急な坂道が少ないため、好タイムが出るとウワサの大会です。しかし、私は大阪マラソンを走った(「54歳の母と大阪マラソンを完走!」参照)1週間後ということもあり、「無理せず楽しむ」ことを念頭に置いて走りました。ウェアやシューズを大好きなピンクで統一し、気分は完全にファンラン(FUN RUN)モード! 「6時間半、目一杯使って、誰よりも楽しく走るぞ!」と思いながらスタートを切りました!

 この日のスタンスは「楽しく走る」ということなので、特に「給水給食エリア」を満喫しようと思いました。そして実際、走ってみると、今まで参加してきた大会の中で、今回の湘南国際マラソンが最もグルメな大会だったように思います(イベント重視の「グルメマラソン」などは別として)。アンパンやチョコ、バナナといった「お馴染みマラソン給食」だけでなく、塩キュウリや駄菓子など、実にバリエーション豊かな給食が用意されていました! また、エリアごとに置かれている給食が違うので、「次はどんなものがあるんだろう?」と、本当に飽きることがありませんでしたよ!

 今回、私が特に気に入ったのは、「酢飯オニギリ」です! 地元・湘南で収穫されたお米を使っているらしく、食べてみるとすごくお米が甘いんです。また、梅干も用意してくれていたので、お酢のパワーで疲労も吹っ飛びました! 思わず、オニギリを2個も食べちゃいましたよ(笑)。酸っぱさと甘さが身体に染みわたり、「お米って、こんなに美味しいんだ!」と改めて実感。走っているからこそ味わえる「米の味」に感動しました! コースサイドの相模湾を眺めながら、オニギリをいっぱいほお張り、「これだけで走った価値があるな〜」と、まだゴールしていないのに感慨にふけっていました(笑)。

☆ボランティアスタッフの温かい声援に感無量!

 湘南国際マラソンは国道をまっすぐ走っていくコースなので、普段クルマしか通っていない車道がランナーで埋め尽くされていました。その景色はまさに圧巻。「交通規制している間は、信号がずっと青なんだ」「道路交通表示のボードはこんな大きかったんだ」と、新しい発見ができて面白かったです。

 また、海沿いの車道を走っていると、両端に歩道のない場所もありました。高速道路を走っているような感覚、と言えば分かりやすいでしょうか。つまり、歩道がないということは、「沿道から声援を送ってくれる人がいない」ということなんです。そんなとき、ずっと私たちランナーを励ましてくれたのが、ボランティアスタッフの方々でした。

 ランナーの安全面を確認したり、ゴミを拾ってくれてり、ボランティアの方は10メートルごとに立ってくれていたのですが、みなさん、手を叩きながら「がんばって!」「ゴールまであと少しだよ!」と声援を送ってくれたのです。湘南国際マラソンのような大規模な大会だと、その数は1万人以上。地元の学生さんや、近所にお住いの方がボランティアとして参加してくれています。そんな地元を愛する人たちが、10メートルごとに声をかけてくれるのです! なんて心温かい大会なんだろうと感動しました。

 そんな想いにふけながら、私は6時間を少しオーバーするぐらいのタイムでゴール! 体力的に余裕をもって走ったので、笑顔でゴールできましたよ! ゴールラインにはたくさんの観衆がいたので、「湘南さいこー、いぇーい!」と叫んでみました(笑)。驚いたのは、スタートから6時間も経っているのに、大勢の観客やランナーが出迎えてくれたことです。遅い時間まで多くの人が待ってくれているのは、この大会が毎年盛り上がっている証拠ですね!

 大阪マラソン、そして湘南国際マラソンと、2週連続でフルマラソンを完走しました。もちろん、読者のみなさんには無理をして欲しくないのですが、今回の経験で感じたのは、42.195キロを走ったからこそ、感動できるものがあったということです。お米の甘さや、ボランティアの声援は、キツい環境だったからこそ心に沁みたのだと思います。

 市民ランナー向けの書籍を多く出版されているプロランニングコーチの金哲彦さんが、以前おっしゃっていたことを思い出しました。「僕は、大会でフルマラソンとそれ以外(ハーフや10キロなど)を選べるなら、フルマラソンを走るね。感じられるものが全然違うから」。フルマラソンは、そう簡単に走り切れるものではありません。走っているときは楽しいだけでなく、嫌な事を思い出したり、筋肉痛を感じたりと、苦しい瞬間も訪れます。しかし、この苦しさがあるからこそ味わえる「感動」があるのです。これは、42.195キロを走った「ご褒美」なんだなと思います。今回はちょっと無理をしましたけど、湘南流の「心からのお・も・て・な・し」で、フルマラソンを楽しめましたよ!

【今週のRUN日記】

11月2日(土) 休足日
11月3日(日) 42.195キロ @第8回湘南国際マラソン
11月4日(月) 休足日
11月5日(火) 休足日
11月6日(水) 休足日
11月7日(木) 8キロ @目黒
11月8日(金) 休足日

 今週の走行距離は、約50キロ。湘南国際マラソンを走ったあと、驚くことがありました! 実は次の日、筋肉痛がまったくなかったのです! 私の身体がフルマラソンに慣れてきたのでしょうか。以前は歩くときも、手すりが必要なほどの筋肉痛だったのに......。とはいえ、やはり2週連続の42キロ走行は、内臓などに負担をかけているはずです。というわけで、マッサージや銭湯など、リラクゼーションに力を注ぎました。3日ぐらい身体を休めて、久しぶりに駒沢オリンピック公園で走ってみると、木々が色づいていましたよ!

 LET'S RUN WITH ME!!

 今日までの練習の様子は、ブログをチェックしてください!→中島彩オフィシャルブログ「走ろう!彩と。」

【profile】
中島彩(なかじま・あや)
1987年8月1日生まれ、大阪府寝屋川市出身。慶應義塾大学法学部卒。元東海テレビ報道スポーツ局。現在はキャスト・プラス所属のフリーアナウンサー、タレント。身長158センチ。趣味はマラソンの他に、政治研究。TBS系列「オールスター感謝祭13春」出演。テレビ神奈川「ハマナビ」リポーター。FMカオン(84.2MHz)パーソナリティ(月曜日担当)。TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」のコーナー『現場にアタック』キャスター(隔週火曜・毎週木曜)。

中島彩●文 text by Nakajima Aya