<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦 最終日◇10日◇美浦ゴルフ倶楽部(6,953ヤード・パー71)>
 国内男子ツアーの新規トーナメント「HEIWA・PGM選手権 in 霞ヶ浦」の最終日。全選手がハーフターンを終え、昨日首位に立った中国の呉阿順が前半パープレーながら通算15アンダーで単独首位をキープし折り返した。
 その呉と3打差の単独2位には小田孔明が通算12アンダーでつけた。続く通算11アンダー単独3位には金亨成(キム・ヒョンソン)(韓国)。通算9アンダー単独4位にイ・キョンフン(韓国)がつけている。さらに池田勇太、藤田寛之、ハン・リー(米国)、桑原克典の4人が通算8アンダーで並び5位タイグループを形成している。
 また、今季国内ツアー2戦目となった石川遼は通算2アンダーに落とし21位タイに後退した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
池田勇太、プレーに不満もギャラリーサービスに奔走
ゴルフについてG-VOICEで徹底討論!あなたの意見を聞かせてください
石川遼の一打速報配信中!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング