“つまみ食い禁止”永作が破る、撮影現場で美味しそうな料理こっそり。

写真拡大

女優の永作博美、二階堂ふみ、俳優の石橋蓮司、岡田将生らが11月9日、都内で行われた映画「四十九日のレシピ」の初日舞台挨拶に登壇。それぞれ作品への想いを語った。

本作は亡くなった母の「幸せに生きるためのレシピ」を通じて、残された家族がさまざまな心の傷を抱えながらも、再生に向かっていく物語を、繊細な描写に定評のあるタナダユキ監督が温かく描いている。母を亡くし、自らも人生の壁にぶつかってしまっているという困難をたくさん抱えた娘・百合子役を演じた永作は「母の遺言である『盛大な四十九日をしてほしい』をぜひ私がかなえたいと思いました。大きなアクションもなく進む話でこの女性をどう立体感を出そうかと緊張しましたが、百合子としての静かな一歩を踏み出せたと思います。百合子の成長を見ていただけたら」と語った。

伝えるべき大切なことを言いそびれた父・良平役を演じた石橋は「今までいろんな役をやりましたが、今回が一番難しかった。現場で監督や共演者と話し合いながら作り上げていきました」と振り返る。石橋は、永作、岡田、二階堂との共演は初めてだが、「最初は、自分以外は変な人ばっか集まっていると思った(笑)」と、石橋は第一印象をコメント。永作は、石橋の第一印象を「こういう顔をして怖いかなと思っていましたが、色んな人を笑わせてお茶目!」と良い意味でギャップを感じたそうだ。

日系ブラジル人の青年ハルというとても難しい役を演じた岡田は「見た目がそう見えたのかな?」とオファーの理由を推測し、「現場に入ったらできあがった空気の中に、ハルの象徴する色である黄色を入れられたらと思い、常に笑顔でいました」とコメント。

母の生前の願い「四十九日の大宴会」を伝え、レシピの存在を教えるロリータファッションの少女イモ役を演じた二階堂は「ロリータのお洋服が好きで、これは新しいイモちゃんを作る上で(ファッションが)重要だと思いました。ファッションが決まった時点でキャラが確立しました」と、存在感あるイモのキャラクター確立の経緯を語った。

本作でスパイスをきかせたのが、大ベテランの淡路恵子。歯に衣を着せぬ物言いが特徴で、石橋の姉役を演じる。初日舞台挨拶には出席できなかったものの、「普通、小言は右から左へ流れるものですが、すべての言葉が残る台詞を初めて聞いた。役者のスキルが違う!」と永作は絶賛。淡路の存在は良い意味で現場を引き締めていたといい、石橋からは「いるだけで作品」と語った。

現場での4人はとても仲が良く、自然と集まっていたといい、「昔から一緒にいたんじゃないかと思うぐらい心が通い合った」と石橋。岡田と永作は撮影終了後、石橋とよく酒を飲みにいっていたことを明かし、「悩んでいることを的確に教えてくれていい時間でした」と振り返ると、石橋は「僕は説教酒なのですが、岡田くんは聞き上手。でも聞き上手は話を聞いてないこと(笑)」と岡田を茶化したが、永作から「岡田くんはちゃんと話きいててえらいなと思いましたよ。蓮司さんも酔っぱらっているのによくしゃべってましたよね」とフォロー? を入れた。二階堂は石橋から「マージャンを教わった」と明かし、初めて牌を触ったことに喜びを感じていた。

本作は心温まるドラマだけでなく、タイトルの「レシピ」から想像できる通り、おいしい料理が登場する。監督たっての希望からフードコーディネートをなかしましほが担当。目の前に並ぶ手作り料理を我慢できず、永作は撮影中つまみ食いしていたそうで、「なかしまさんは多くを作らないから食べちゃだめと言われていたんです。目の前に出されてつまみ食いできなくて過酷でしたよ(笑)。でも、こっそりつまみ食いしちゃいました」と、お茶目な一面をのぞかせた。

最後に、監督から「良い原作と素晴らしい脚本があって、みんなで頑張って映画をつくりました。たくさんの人が関わった映画ですので、エンドロールまで楽しんでください。観終わったあとは『空腹では観ないで』と広めてください」、永作から「やさしい作品ができあがりました。観終わった後に一言でも多くみんなとお話しできる機会をつくれたらなと思います」と語った。

映画「四十九日のレシピ」は新宿バルト9・有楽町スバル座ほか全国公開中。

☆「四十九日のレシピ」ストーリー

熱田家の母・乙美が突然死んだ。娘の百合子は父・良平が心配だからと実家に戻ってくるが、本当は自らの夫との間に問題を抱え、憔悴しきっての帰郷だった。そんな折、百合子と良平の元に派手な服装の少女イモと、日系ブラジル人の青年ハルが現れる。生前の乙美に頼まれ、残された家族の面倒を見にきたのだと言うイモは、乙美がとある「レシピ」を書き残していること、そして四十九日には法要ではなく大宴会をするのが乙美の希望だったという事を2人に伝える。