写真提供:マイナビニュース

写真拡大

味良し、量良し、価格良し!! B級グルメの代表ともいえる焼きそばは、誰しもが知っている超・定番のご当地グルメだけじゃない。地元で昔から愛されているあまり、他の地域で食べる焼きそばを「これは焼きそばじゃない!」と思ってしまうこともあるそうだ。そんな焼きそばたちをご紹介!

新潟県は焼きそばで「全黒制歯」を狙っている!?
新潟県の糸魚川市近辺では、真っ黒な麺を使った焼きそばが評判だとか。果たしてその正体はいかに。今回、そのうわさの出どころである糸魚川市で、ブラック焼きそばの正体を探ってみた。

B-1グランプリ優勝の「ひるぜん焼そば」、魅力を求めて名店巡り
中国地方の一山間地である岡山県真庭市蒜山地方。この場所がひときわ有名になったのは2011年の第6回B−1グランプリで、ご当地グルメ「ひるぜん焼そば」が脚光を浴び、優勝に輝いたからだ。

実は富士宮よりもB-1グランプリで有利!? 「瀬戸焼きそば」の秘密
「焼き物のまち」として有名な愛知県瀬戸市。今では陶磁器の焼き物のみならず、「瀬戸焼きそば」という焼き物が注目を集めている。B級グルメ界の覇権を虎視眈眈と狙っている瀬戸焼きそばとは、一体どんな商品なのか。

B級グルメの王者・富士宮やきそば、普通の焼きそばと何が違うの?
オレンジ色をしたのぼり旗―この旗が立っている店なら、静岡県内のどこでも「富士宮やきそば」を味わうことができる。この色の旗がたなびくのは、時に駄菓子屋だったり、喫茶店だったり、居酒屋だったり。中華料理店だったり、タバコ屋だったりもする

会津若松のソウルフード、「カレー焼きそば」は青春の味!?
福島県会津若松では、「カレー焼きそば」のことを「B級グルメ」とはカテゴライズしない。ではどのように位置づけるのかというと、カレー焼きそばは「ソウルフード」、つまり「故郷の味」なのだという。