【図1】SBI証券では通常の銘柄検索画面で、銘柄以外のキーワードでも検索が可能になった。

写真拡大

 「オリンピック」や「スマホ」関連、話題の新規上場に関連する銘柄など、最近は「テーマ株」が人気化している。今回はネット証券の投資情報をもとに、最近話題の投資テーマと関連銘柄の探し方を紹介しよう。

 先頃、SBI証券の検索機能がバージョンアップし、通常の銘柄を探す入力画面でキーワードによる検索も可能になった。たとえば「オリンピック」というキーワードを入力すると、現れるのがこの画面【図1】。検索ボタンをクリックすると、オリンピック関連銘柄がさらにたくさん一覧表示される。これならテーマ株探しも簡単だ。

 また、前回の記事「同業他社の中から良い銘柄を見つける6つのワザ」で紹介したネット証券の無料情報ツールのワザも活用して、銘柄探しや比較なども行った。

オリンピックの本命!建設株や不動産株

 オリンピック関連銘柄といえば、建設株や不動産株が思い浮かぶ。【図1】では三菱地所(8802)、住友不動産(8830)、三井不動産(8801)が表示されている。この3社の中から投資するとしたらどこがいいだろうか。

 松井証券ならば無料で利用できる「QUICKリサーチネット」を使えば、将来の業績予想を比較できる【図2】。

 この機能では、QBR(QUICK企業研究所)予想、会社予想、QUICKコンセンサス予想で比較ができる。今期予想だけでなく、銘柄によってはアナリスト予想(最長3期分)をもとに、銘柄選択が可能だ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)