首位に1打差まで迫った藤本麻子(撮影:米山聡明)

写真拡大

<ミズノクラシック 2日目◇9日◇近鉄賢島カンツリークラブ(6,506ヤード・パー72)>
 全米女子プロゴルフ協会公式戦「ミズノクラシック」は2日目を終えた段階で8アンダーの首位タイに比嘉真美子、一ノ瀬優希、大山志保の3選手が並んだ。しかし首位から3打差以内には14選手がひしめき合っており、最終日を前に多くの選手が優勝の可能性を残す大混戦の様相となっている。

 以下に主な選手のコメントを掲載する。

●藤本麻子(トータル7アンダー3位タイ)
「ラッキーなチップインもあったりして、結果としてスコアを作ることができましたが、ショットがイメージとは程遠く噛み合っていない。チャンスについたところだけ何とかバーディを獲れた。正直なところまだまだという感じ。ショットが自分のイメージ近づけていけるよう、これから練習します。何か1つでもつかんで明日に繋げていきたい。」
●ステーシー・ルイス(米国・トータル5アンダー10位タイ)
「昨日に比べてショットの精度も高く、パターも入ってくれた。昨日より横風は少し弱かったのでコース内のコンディションは良かった。昨年最終日にパッティング好調で7打差を逆転したので、明日も昨年同様にさらに好調なパッティングとなるよう頑張ります。」
●佐伯三貴(トータル5アンダー10位タイ)
「昨日も悪くなかったんですけど、なかなかスコアを伸ばせなかった。今日はパットが決まって良かったけど、最終ホールボギーにしてこんなに後味の悪い“66”は初めて。でも今日は自分自身のマネジメントができた。優勝は考えていないが、女王争いに照準を当てて、最終戦まで面白くしたいので可能性がゼロにならないようにしたい。私はシーズン最後の方は良いので、可能性は残したい。」
●森田理香子(トータル4アンダー15位タイ)
「ロングホールで3つバーディが獲れたので良かった。昨日よりリズムは良くなったし、パッティングも綺麗に向くことができたので、不安なくストロークできたのが良かった。ノーボギーのラウンドは久しぶりなので嬉しい。明日は1つでも上にいけるように頑張りたい。」
●申智愛(トータル3アンダー22位タイ)
「今日は我慢のゴルフ。そんな中、ギャラリーからの応援は励みになった。明日は天気が悪い予報だが、雨や風に負けないゴルフでバーディをたくさん取れるよう頑張ります。」
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
一ノ瀬優希、2つの“きっかけ”が生んだ優勝への想い
首位タイの大山志保、絶好調で「欲が出てきた」
石川遼の一打速報で3日目をプレーバック!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング