追い上げられたが首位をキープした大山志保(撮影:米山聡明)

写真拡大

<ミズノクラシック 2日目◇9日◇近鉄賢島カンツリークラブ(6,506ヤード・パー72)>
 全米女子プロゴルフ協会公式戦「ミズノクラシック」の2日目。単独首位からスタートした大山志保が5バーディ1ボギーの“68”をマーク。共に“66”のビッグスコアをマークした一ノ瀬優希と比嘉真美子に並ばれたものの、首位の座をキープして最終日に臨むことになった。

 開幕前、欠場すら考えるほど痛みの大きい首痛を抱えていた大山。初日は神社への“神頼み”が効いたのか奇跡的に首の痛みがほとんどなくなったという話だったが、2日目となったこの日はほんの少し残っていた違和感すら消えていた。「初日より10ヤードくらい飛んでましたね」欠場どころか大山のフィジカルは現在、最高の状態にある。
 また技術面でも「ショットもパットもアプローチも全部いい」と絶好調。2日目のラウンドでは序盤こそ大事に行きすぎて、「もったいないミス」を連発してしまったが、9番で本来の強気なタッチでバーディを奪うとそこから猛チャージで急浮上。15番でこの日唯一のボギーを叩いたが、それでも2日連続の“68”で首位の座を堅守した。
 初日は首痛の奇跡的な回復に「ラウンドできることに感謝して無欲でプレー」していた大山だが、体調が完全に戻り、2日続けて快調なゴルフを展開したことで「欲が出てきましたね。ここまで来たら1番になりたい」と優勝に強い意欲を見せた。「感謝の気持ちを忘れずにしっかり自分をコントロールしてプレーしたい」優勝することの難しさも喜びも知り尽くしたベテランが若手2選手との最終組で2011年以来の優勝を目指す。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
比嘉真美子が首位タイ浮上!見えた米ツアーへの道
賞金女王争い 上位陣は軒並み低迷…「ミズノクラシック」初日
G-VOICEで徹底討論!ゴルフについてあなたの意見を聞かせてください!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング