<ザ・マクグラドレー・クラシック 2日目◇8日◇シー・アイランドGC シーサイドC(7,100 ヤード・パー72)>
 米国男子ツアー「ザ・マクグラドレー・クラシック」の2日目は初日消化できなかった第1ラウンドに続き第2ラウンドが行われた。しかし、この日も全選手がホールアウトできず2日連続の日没サスペンデットとなってしまった。
 この日はスケジュールが大幅なズレに加え、強風に見舞われスコアメイクに苦しめられた。そんな中、クリス・カーク(米国)が第2ラウンドを6バーディ・2ボギーの“66”で回り通算8アンダーで暫定ながら単独首位に立った。
 そのカークと1打差の暫定2位タイにはケビン・チャペル(米国)、ウェブ・シンプソン(米国)、ブリニー・ベアード(米国)、ジョン・センデン(オーストラリア)の4人が通算7アンダーで並んだ。続く通算6アンダー暫定6位にはティム・クラーク(南アフリカ)、スコット・ブラウン(米国)ら4人がつけた。さらにマット・エブリー(米国)、ブライアン・ゲイ(米国)ら4人が通算5アンダーで並び暫定6位タイとした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
T・ウッズ、第2ラウンド大爆発で首位と1打差5位!首位にはH・ステンソンら4人
ゴルフについてG-VOICEで徹底討論!あなたの意見を聞かせてください
石川遼の一打速報で3日目をプレーバック!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング