「α7」(レンズキット)

写真拡大

ソニーは2013年11月15日、35ミリフルサイズイメージセンサー搭載のミラーレス一眼カメラ「α7」を発売する。価格はオープンだが、ボディーのみ想定実売価格は15万円前後。

上位機種「α7R」も

有効約2430万画素の35ミリフルサイズExmor(エクスモア)CMOSイメージセンサーや、従来比約3倍の処理性能を持つ画像処理エンジン「BIONZ X」を搭載。忠実で自然な描写を実現する「ディテールリプロダクション技術」により、細部までの質感描写力を大幅に向上させた。

合焦精度の高いコントラスト検出方式オートフォーカスに、新開発の「ファストインテリジェントAF」を備える。フォーカシングのためのレンズ駆動を最適にコントロールする空間被写体検出アルゴリズムを新たに採用し、合焦時間を従来比最大約35%短縮した。

サイズは幅126.9×高さ94.4×奥行き48.2ミリ、重量は約474グラム(撮影時)。

また、有効約3640万画素で光学ローパスフィルターレス仕様の上位機種「α7R」も同時発売。ボディーのみの想定実売価格は22万円前後。