等々力陸上競技場に集まれ!

写真拡大

東急電鉄と川崎フロンターレは2013年11月10日、サッカーJ1の川崎フロンターレの本拠地である等々力陸上競技場(神奈川県川崎市)前の場外イベントスペースで、「川崎の車窓から〜東急フェスタ〜」を行う。

台紙に選手デザインの記念入場券も

会場では、2012年に引退し、このイベントを最後に廃車になるという旧検測車(通常と同じ速度で走行し線路状態を測定、補修が必要な線路を発見する車両)を展示する。

また、同競技場の最寄り駅にちなみ、東急とフロンターレがコラボした、武蔵小杉駅と新丸子駅の記念入場券を発売。台紙には、中村憲剛、稲本潤一、大久保嘉人、小林悠の4選手の、東急電鉄の制服を着た姿がデザインされている。イベント当日、武蔵小杉駅(初電〜14時)と会場(14時〜)で販売される(計2000部限定、なくなり次第終了)。

このほか、350枚限定の「東急電鉄×川崎フロンターレTシャツ」(4410円)の販売や、乗ってタッチ抽選会、非常停止ボタン模擬操作体験などが予定されている。

開催時間は午後2時〜6時30分。