【乃木坂46】『BAD BOYS J』出演の4人に聞いた、好みの男性と胸キュンポイント【写真満載】

写真拡大

普段は“恋愛御法度”の「乃木坂46」のメンバーたちだが、映画の中ではそれぞれに意中の男性にキュンキュンしたり、イチャイチャしたり、甘酸っぱい恋に胸を焦がしている。この日のインタビューでも、登場人物たちの中で好みのタイプや胸キュンポイントについて尋ねると出るわ出るわ! 

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

人気ドラマの待望の映画化となる『劇場版 ーBAD BOYS J 最後に守るものー』(11月9日(土)より公開)に出演した橋本奈々未、白石麻衣、生駒里奈、松村沙友理がガールズトークに花を咲かせた。

原作は1980年代から90年代にかけて連載され、総発行部数5000万部を超えるバリバリの不良漫画で、広島を舞台に覇権を狙うチーム同士の抗争や友情、恋を描いている。主演の「Sexy Zone」中島健人をはじめ、「Kis-My-Ft2」、「A.B.C-Z」「Snow Man」など若手ジャニーズのタレントがグループの垣根を越えて共演し拳を交えているほか、彼らの周囲の女たちの役で乃木坂46のメンバー、さらに板野友美、トリンドル玲奈らも出演し、ドラマ放送時から話題を呼んできた。

橋本は「極楽蝶」のリーダーで主人公・司(中島)の恋人の女子高生・久美、生駒は同じく「極楽蝶」のメンバーの陽二(岩本照)のバイト先の大学生・愛莉を、松村は「ナイツ」のレディースチームに属しながらも敵対する「極楽蝶」のエイジ(深澤辰哉)と交際中の美香、そして白石は今回の劇場版で登場し、物語のカギを握る元「極楽蝶」の圭太の恋人の奈緒を演じている。

4人にとっては今回の劇場版が映画初挑戦となる。まずはドラマ放送終了後に映画化が決まったときの心境を尋ねた。

橋本:私はドラマから出ていて、撮影が終わる時にみんな「これでクランクアップだけど、また映画でみんなで会いたいね」と話していて「そのためにもドラマを絶対にヒットさせたい!」って思ってたんです。だから決まった時は「またみんなと一緒に出来る!」って。本当にみんな優しいし、刺激的な同世代の人たちばかりなので嬉しかったです

松村:私もドラマからで、ドラマ出演が決まった時も初めてのことで嬉しかったんですが、そこから映画化と聞いて…実は最初はウワサ程度で聞いてたんですよ「映画になるかも」って。その時点で「えーっ!?」って思ってたんですが、正式に決まって、初めての体験が一気にポーンっとやって来て、短期間で貴重な経験をできるのが本当に嬉しかったです。

生駒:私はドラマの最終回に少しだけ出させていただいたんですが、ドラマに出ているメンバーから「こういうことがあって」と聞いていただけだったので、自分が最終回に出たというだけでビックリだったんです。

映画化という話を聞いたときも「そっかー、ドラマ組がんばってね! みんながやるの応援してるね」という感じだった(笑)。そしたら私も出るって聞いて本当にびっくりでした!

白石:私は今回の映画からで、ドラマの時はメンバーのみんなと見てたんですよ。

感動あり、笑いありですごくいいなと思ってたので、今回、映画化で自分も出られるのが素直に嬉しかったです。お芝居するのも初めての経験で、いろんなことを吸収したいという気持ちで臨みました。

――劇中では久美、愛莉、美香、奈緒の4人にはそれぞれ意中の男性がいるけど、自分の役柄のことは忘れて、あくまで個人として、心惹かれる男性登場人物は?

生駒:私は段野さん(二階堂高嗣/広島No.1チーム「ビイスト」のトップ)ですね。

雰囲気とか。怖そうに見えて、けっこう熱くてギャップがいいなと思います。

白石:(乃木坂のメンバーたちの間でも)みんな、段野さんがカッコいいって言うよね?

橋本:二階堂さん、バラエティで見るとキャラが全然違うよね。『BAD BOYS J』の時はカッコいいのに…いや、バラエティの時はカッコ悪いんじゃなくて面白いんです(笑)! 

こっちではあんなにクールでカッコいいんだけど……って誤解されそう(苦笑)。

松村:私はやっぱり(役と同じで)エイジくんかな? 

一緒にいてリアクションが大きくて、何かやったらいいリアクションしてくれそう出し、いっぱい事件も起こしてくれそうなので(笑)。変なコトやらかしそうで、危なっかしくてカワイイ。

でも、私のイメージでは女好きっぽいですね。「○○ちゃん、カワイイ」ってセリフが多いんです。そこを直して一途になってほしい!

橋本:私も(演じた)久美ちゃんと同じで司くんですね。

尽くしてくれそうじゃないですか? どこに行っても楽しませてくれそうだし、私が行きたいところに連れて行ってもダルそうにしないで一緒に楽しんでくれると思う。


――司くん、マメに尽くしてくれそうだけど…

橋本:しつこいくらいですよね(笑)。でも、それくらいの人がいいです。

白石:私はヒロさん(橋本良亮/No.3のチーム「廣島ナイツ」のリーダー)です。

戦う時は戦うし、お茶目な部分もあって、エリカさん(トリンドル玲奈)には尻に敷かれていて、いい意味でギャップがあるところに惹かれます。

――エリカのように付き合ったら恋人を尻に敷きたい?


白石:いや、逆です。普段は男の人に引っ張ってほしいですけど、たまに上から言ってみたい(笑)。

――ちなみにこの4人の中で一番強いのは誰? それぞれが持っているほかのメンバーに負けない“強み”はどんなところ?

生駒:まっつんはお尻が強いよね。

松村:私、アイドルの中で“尻相撲”で負けたことないです。尻相撲に関してはアイドルNo.1を自称してます!

橋本:私は気が強いですよ。かなり負けず嫌いです。

松村:生駒ちゃんは周りに愛されるとこが強みだよね。

白石:どこに行ってもなじめるし、人付き合いが上手!

生駒:人見知りなんだけど、様子見て「この人は優しい! 仲良くなれる」と思ったらなじめるの。でも一緒に乃木坂のメンバーがいればだよ。一人だと…(苦笑)。

松村:まいやんは女子力高い! 美人! どうやったらこんな女の子になれるの?

生駒:持ってる物も女の子っぽくて常にいい匂いするし!

松村:料理もできるし女子力すごく強いよね!

白石:なにもしてないよー、部屋もすごい汚いし…(苦笑)。

 

 

――自分自身と演じた役柄は似ている? それとも正反対?

生駒;私は全然違います。愛莉と違って全然、女の子らしくないし、漫画ばかり読んで外の世界に出て行かないので。『BAD BOYS J』に出て、初めてアルバイトの経験をしました(笑)。

白石:私は雰囲気は似てるかな? でも奈緒ちゃんは大事なことや気持ちは伝えるんですが、私は大事なところで失敗しちゃうことが多いんです(苦笑)。

橋本:私も根本的なところは似てるかもしれないけど、言葉のチョイスや感情の出し方が違うかな…? 今回の映画で、久美ちゃんは結構、司くんに「こうしてほしい!」って訴えかけたりするけど、私は好きな人にそういうことできない。思ってても言えないタイプなので、それを素直にかわいく言える久美ちゃんがうらやましい。

松村:私はテンションは似てますね。でも美香とエイジくんはみんなの前でもラブラブだけど、私は無理! ああいうの、憧れますけど、みんながいても2人の世界に入っていくのは…恥ずかしいですね(笑)。

――男たちが時に拳を交えたり、バカやったりとヤンチャする姿をどんな思いで見てる? かわいい? 心配? そんな彼らの姿にキュンとさせられることは?

橋本:現実の世界で自分のが好きな人が、いっつもケンカしてボコボコになって帰ってきたら「何してるんだろう、この人は?」って心配になりますよね(笑)。身体も今後のことも心配。

松村:自分の力試しでとかはイヤですけど、でも、司くんはいつも誰かを守るために戦うところはカッコイイですよね。あと、私が演じる美香ちゃんは結構、ハチャメチャなコですけど、エイジくんや周りのメンバーがそれを受け入れてくれるところは優しくて心が広くて大好きです!

白石:仲間のため、大事な人のために何かするという姿は女の子から見たらカッコいいしキュンとしちゃいますね。

生駒:あと、映画で好きなのが冒頭に出てくる、司くんと段野さんとヒロクンの3人が決着をつけようと対峙するシーン。女の子にはできない、じゃれ合うような感じはいいですよね。

橋本:久美ちゃんが友達と話してる電話を司くんが勘違いして、ケンカに行くところがあるんですが、きっと司くんは私に直接「それって…」と確認することもできずに、とりあえず行ったんだろうなって(笑)。そう思うとカワイイですね。

おバカで純情な男たち、それをやれやれといった様子で見守る女たち。それぞれの立場でキュンキュンしてほしい。

 

        

こちらのレポートもどうぞ!
Sexy Zone、Kis-My-Ft2 、A.B.C-Zらが興奮&暴走!?『BAD BOYS J』男祭りロングレポ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/18089 ]
ラクして確実にやせる!ダイエット法まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/17002 ]
『TOKYO IDOL FESTIVAL 2013』大特集 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/15859 ]
[第36回]宮澤佐江、SNH48劇場デビュー公演の舞台裏(前編) [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/18422 ]
【グルメ】全国うまいラーメン店まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/16572 ]