日本人不在の鈴鹿GP、動員最悪に

ざっくり言うと

  • F1鈴鹿GP決勝日の入場者数は、昨年の10万3000人を下回る8万6000人
  • 3日間の合計でも17万1000人にとどまり、過去最低を記録
  • 小林可夢偉がシートを失い、12年ぶりとなる日本人ドライバー不在のシーズンだった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング