写真提供:マイナビニュース

写真拡大

SBYは、L.Aで活躍する同社から誕生した日本発のゆるキャラ「Calaple(カラプル)」が、アメリカ本土からの初のゆるキャラとして、「ゆるキャラグランプリ2013」にエントリーしたことを発表した。

○トリプルアイスがトレードマーク

「Calaple(カラプル)」は、頭に乗せたトリプルアイスが目印のキャラクター。「American Unique」をコンセプトにアメリカ・ロサンゼルスに進出したところ、現地のニュースやブロガーに取り上げられ人気となった。

その人気は日本にも及び、雑誌モデルや渋谷の女子高生を中心に人気となっている。各地のイベントに登場するほか、プリントシール機のフレームに選ばれるなど活動の幅を広げている。

このほど、4回目の開催となる「ゆるキャラグランプリ」に、「Calaple(カラプル)」が参戦する。同グランプリには、サイパンから「サイパンだ!」がエントリーしているが、アメリカ本土からのエントリーは初めてになるとのこと。ゆるキャラグランプリへの投票は、公式サイトで受け付けている。

(フォルサ)