資生堂新社屋クリスマスツリーが点灯 銀座地区最長45mのイルミネーション

写真拡大

 資生堂が11月8日、本社新社屋「資生堂銀座ビル」のクリスマスイルミネーションをスタートした。銀座地区最長という並木通り45メートルに伸びるイルミネーションで、テーマは「煌き(きらめき)のROUGE(ルージュ)」。初日の今日はセレモニーが行われ、宝石のルビーに見立てた赤色のLED電球3万球が一斉に点灯した。

資生堂新社屋のクリスマスツリーが点灯の画像を拡大

 資生堂は1999年から2010年まで12年連続でクリスマスイルミネーションを行ってきたが、本社社屋建て替えに伴って2年間にわたりイルミネーションを休止していた。創業141年目を迎えた今年、10月に「資生堂銀座ビル」を新装オープンしたことから今回再開の運びとなり、照明デザイナーの藤本晴美がイルミネーションを監修。資生堂のコーポレートカラーの赤を表現したというツリーには、白にも点滅するプログラムを取り入れ赤の「煌き」に軽快なリズムを与えたといい、同社 執行役員の林高広は「資生堂創業の地、銀座に訪れるより多くの方々にイルミネーションを楽しんでもらえれば」と話している。点灯期間は12月25日まで。

 10月2日に開業した「資生堂銀座ビル」は、オフィス機能を中心に多目的ホールや商業スペースも入っている。1階に10月25日に新装オープンした資生堂のフランス料理店「ロオジエ」に続いて、11月9日にはLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトングループ傘下のイタリアの高級カシミヤ・ウールブランド「Loro Piana(ロロ・ピアーナ)」が、同1〜2階部分に開店する。

■資生堂 クリスマスツリー
 点灯期間:2013年11月8日(金)〜12月25日(水)
 点灯時間:期間中毎日 16:00〜24:00
 http://www.shiseido.co.jp/