次回「六本木アートナイト」は4月開催に決定 ディレクターは日比野克彦

写真拡大

 六本木で行われる一夜限りのアートの饗宴「六本木アートナイト」の次回開催日が、2014年4月19日・20日に決定した。東日本大震災による中止を除いて5回目の実施になり、アーティスティックディレクターには前回に続き日比野克彦氏を迎えてオールナイトで六本木の街中をアートに彩る。

次回「六本木アートナイト」決定の画像を拡大

 年に一度開催の「六本木アートナイト」は、東京都と東京都歴史文化財団が行っている「東京文化発信プロジェクト」の一環として2009年にスタート。商業施設や文化施設が集まる六本木を舞台に、現代アートやデザイン、音楽、映像、パフォーマンス等の多様な作品を街中に点在させ、非日常的な一夜限りの空間をつくり出す。年々参加者が増加しており、日比野氏が岐阜国体のために制作した船をベースにした「アートブネ」と街の日常風景がアートになった「アートポート六本木」を2大プロジェクトに様々な仕掛けを展開した前回は延べ83万人が来場した。

 「六本木アートナイト2014」では、4月19日の日没(18時17分)から翌20日の日の出(5時3分)までをコアタイムに設定し、インスタレーションやイベントを披露する。実行委員会実行委員長の南條史生氏は、「東京は2020年のオリンピック・パラリンピック開催に向けて、世界に文化を発信し、世界中から人を集める機会を創出していかなければなりません。この恒例のアートの祭典が、多様な文化を背景に持ち、より多くの人々と感動を共有できる場になることを期待します」とコメントを発表している。

■六本木アートナイト 2014
 日時:2014年4月19日(土)10:00〜4月20日(日)18:00
    ※コアタイム 4月19日(土)18:17【日没】 ~ 4月20日(日)5:03【日の出】
 場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、 21_21 DESIGN SIGHT、 国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
 入場料:無料 ※一部のプログラムおよび美術館企画展は有料