写真提供:マイナビニュース

写真拡大

不動産投資サイト「楽待」()を運営するファーストロジックは、2013年10月期の「投資用不動産の市場動向調査」の結果を発表した。10月中に同サイトに新規掲載された物件、問合せのあった物件 (対象エリア:全国)の取引状況をもとに調査したもの。

投資用1棟アパートの新規掲載物件の表面利回りは10.45%(前月比0.02ポイント増)、問合わせ物件の表面利回りは12.29%(前月比0.2ポイント減)となった。新規掲載物件の価格は6,094万円(同191万円減)、問合せ物件の価格も5,077万円(同45万円減)と下落した。

投資用1棟マンションの新規掲載物件の表面利回りは9.62%(前月比0.31ポイント増)、問合わせ物件の表面利回りは10.98%(前月比0.07ポイント減)となった。新規掲載物件の価格は1億8,732万円(同92万円減)、問合せ物件の価格は1億7,268万円(同750万円増)と上昇した。

投資用区分マンションの新規掲載物件の表面利回りは9.82%(前月比0.31ポイント減)と今年の最低利回りとなった。問合わせ物件の表面利回りも11.91%(前月比0.29ポイント減)と下落した。新規掲載物件の価格は1,093万円(同90万円減)、問合せ物件の価格は878万円(同58万円増)とわずかに上昇した。