古傷の痛みに耐えた中村、2位タイの好発進(撮影:米山聡明)

写真拡大

<ミズノクラシック 初日◇8日◇近鉄賢島カンツリークラブ(6,506ヤード・パー72)>
 日本で唯一の全米女子プロゴルフ協会公式戦「ミズノクラシック」の初日。アウトスタートの第1組でプレーした中村香織が4バーディ・1ボギーの“69”をマーク、3アンダー2位タイと好スタートを切った。

 「アプローチ・パットがとても良かった」初日の中村は自分よりも遥かに身体の大きいリンゼイ・ライト(オーストラリア)、オースティン・アーンスト(米国)と同組でラウンドし、ティショットでは時には40ヤード近く置いていかれることもあった。しかし好調なパットを武器に1番ホールから4メートルのバーディパットを沈めて幸先の良いスタートを切る。さらに3番で4メートル、5番では5メートルのチャンスを沈めてスコアを順調に伸ばしていった。
 風の吹き始めた後半のプレーでは1バーディ・1ボギーとスコアを伸ばすことはできなかったものの、それでもピンチらしいピンチのない危なげないゴルフを展開し初日のプレーを終えた。
 今季前半戦で5度のトップ10入りを果たし、目標とするシード権をほぼ手中に収めた中村。しかし猛暑の影響からか夏には体重が3kg減少したことをきっかけにショットの飛距離が落ち、不調に陥ってしまった。中村いわく、飛距離が約15ヤード落ち、それに伴ってハーフでバーディチャンスが1つ2つ少なくなってしまったという。この差は思いの他大きく、後半戦に入ってから1度目もベスト10入りできていない。
 さらに今週は腰に痛みを抱えている。これは体操選手の頃からの古傷でこれまでもしばしば痛みが襲うことがあった。今回は先週の「ウィダーレディス」初日を終えた際に突如痛みが走り、数日たった現在でもマッサージや針治療を受けたり、痛み止めを飲んでプレーするなど、まさに“満身創痍”の状態だった。
 しかしこの“満身創痍”の状態になり無欲でプレーできていることが今大会初日の好プレーにつながっている。調子が完全には戻っていないショットで無理に攻めるのではなく、安全なサイドに打っていくことで危なげないプレーを展開し、並み居る強豪を押し退けて上位につけることに成功した。「引き続き今日の感じでプレーできたら」体調面で苦しいことに変わりはないが、明日以降も堅実なプレーで上位フィニッシュを目指していく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
単独首位の大山志保、“神頼み”で首痛が治った!?
遼、20位に浮上もパットに苦戦「明日で4打差以内に」
石川遼の一打速報で2日目をプレーバック!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアー賞金ランキング