「Mila Schön(ミラ・ショーン)」のクリエイティブディレクターに、イタリア人デザイナーのAlessandro De Benedetti(アレッサンドロ・デ・ベネデッティ)が就任したと発表した。同氏は、9月に行われた2014年春夏コレクションからデザインを担当している。

ミラ・ショーン CDにベネデッティが就任の画像を拡大

 Alessandro De Benedettiは、「Thierry Mugler( ティエリー・ミュグレー)」のオートクチュールで経験を積んだ後、自身のブランド「ALESSANDRO DE BENEDETTI」をスタート。2002年にミラノコレクションデビューをしている。クリエイティブディレクター就任について同氏は「伝統あるブランドのクリエイティブディレクターに任命されたことは素晴らしく名誉なこと」とコメント。「Mila Schön」のマネージングディレクターEugenia De Benedettoは「世界のファッションとMila Schönの伝統を理解しているアレッサンドロがブランドに加わり、大変嬉しく思っています」と発表している。

 「ミラ・ショーン」は1958年にオートクチュールからスタートしたイタリアのブランド。1965年フィレンツェ、ピッティ宮殿でのダブルフェイス素材を発表したコレクションでデビューしており、シンプルでエレガントなアイテムを展開している。