写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ニュージーランド航空は、最新鋭機ボーイング787−9型機を2014年10月よりオークランド・パース間で定期運航する。

○「エコノミー・スカイカウチ」も体験可能

この運航に関しては、同社がオークランドに開設した「カスタマー・イノベーション・アンド・コラボレーション・センター」(CICC)開館式にて、クリストファー・ラクソンCEOが発表。センターには目玉として、ボーイング787−9型機の内装がまるごと展示されている。シアトル以外でこの展示を見られるのはこのセンターのみとなっている。

センターでは、実際に787−9型機のビジネス・プレミア、プレミアム・エコノミー、エコノミーの3つのクラスのキャビンシートを実際に体験することができる。また、横一列3座席が平らなソファーになる、同社ならではデザインシート「エコノミー・スカイカウチ」も設けられている。

787-9型機は、開放的な窓や快適な湿度に保たれた空調、低めに設定された気圧高度など、長時間のフライトでも快適に過ごせる環境を整えていることが特長となっている。787−9型機のビジネス・プレミア・キャビンは、ヘリンボーン式レイアウトのフルフラット・シートが18席、また、プレミアム・エコノミー・キャビンは「2−3−2」の並びで21席を設置。それぞれのクラスには専用の洗面所が設けられている。エコノミー・キャビンでは、スカイカウチ14列を含む合計263席となっている。

787−9型機は、オークランド・パース間の定期便(ヴァージン・オーストラリア航空とのトランス・タスマン提携便)に続いて、オークランド・東京間、オークランド・上海間への就航も予定している。787−9型機は2014年10月15日の運航便より、ニュージーランド航空とヴァージン・オーストラリア航空にて予約が可能となる。