AKB48の史上最も長いタイトルは76文字、さて、日本一と世界一は?

写真拡大

AKB48の新曲タイトルが発表され、その文字数76文字ととても長いことから今ネットで熱く話題になっています。

「第4回じゃんけん大会」で優勝した松井珠理奈さんがセンターを務める、AKB48の34thシングルになるそうですが……。76文字とは長いですね長すぎです。カラオケに入れるの大変そう……。というぐらい長いです。
こちら作詞は勿論、秋元康さん、そして作曲は織田哲郎さんが担当しているそうです。

【関連:そういや知らなかったよく見る「アレ」の名前】


さて、長い長いとこの曲タイトル言われてますが、日本一長いタイトルと、世界一長いタイトル。それも気になりませんか?
そこで、日本一と世界一どの程度長いのか調べてみました。

調べてみたところ、日本一と言われるものには2つありました。
一つはメジャーという位置づけの日本一が、2002年5月22日に発売されたBEGINの23枚目のシングル「島人ぬ宝」収録の曲です。
こちら、スペース省いて100文字。スペース含むと112文字。おっそろしく長いタイトルです。

そしてお次はインディーズでの日本一。
内核の波の2枚めのアルバム「殻」に収録されている楽曲で、342文字、スペース含むと343文字!!
BEGINの100文字を3倍以上上回っています。メジャー、インディーズ両方で考えるとこちらが実質の日本一といったところ。上には上がいるもんです。

そして最後は世界一。1999年11月9日、フィオナ・アップル・マッガートの2枚めのアルバムとして発売された楽曲でギネスにも認定されています。その文字数は……355文字。スペース含むと444文字!圧巻の長さです。
ちなみにこのCDの邦題はたった2文字「真実」だそうです。やけにあっさりしてますね。

これらのタイトルですが、本文にまぜると読みにくくなるため、最後に一覧で紹介しておきます。

長いの覚悟でご覧ください!

 
■今回話題になったAKB48の新曲
――76文字
鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの

■日本一
――100文字:BEGIN
それでも暮らしは続くから 全てを 今 忘れてしまう為には 全てを 今 知っている事が条件で 僕にはとても無理だから 一つずつ忘れて行く為に 愛する人達と手を取り 分け合って せめて思い出さないように 暮らしを続けて行くのです

――342文字:内核の波
すっげー深い穴を見つけたんだ!今から飛降りるよ。存在証明なんかじゃない、この深さなら誰にも見付かる事はないだろ?生まれてしまった償いをしなきゃいけねぇんだ、生きる事と死ぬ 事によって。俺はもう立派に一つの精神として立った。これ以上殺生を繰り返す理由なんて何処にもみつからねぇよ。そもそも人は今しか生きられねぇ、常に生きているのは今だ。でも「今ここ」と想ったその瞬間には既に過去になっているわけで、次々に未来が押し寄せては今を認識する間もなく過去になる。「生」という刹那を証明するのは不可能だろ。証明しようとする時には常に過去のモノとなり生きていたという記憶にすぎねぇ。つー事は生きていようと死んでいようとそんなもんどっちだって同じじゃねーか。だったら俺は希望に向かってスペシャルダイブ!

■世界一/ギネス認定
――355文字:フィオナ・アップル
▼原曲タイトル
When the Pawn Hits the Conflicts He Thinks like a King What He Knows Throws the Blows When He Goes to the Fight and He’ll Win the Whole Thing ‘fore He Enters the Ring There’s No Body to Batter When Your Mind Is Your Might So When You Go Solo, You Hold Your Own Hand and Remember That Depth Is the Greatest of Heights and If You Know Where You Stand, Then You Know Where to Land and If You Fall It Won’t Matter, Cuz You’ll Know That You’re Right

▼邦訳
戦場に赴く歩兵は/王様のように考えるの/戦いの中では/知識こそがとどめをさせるから/そして彼はリングに上がらすとも/既に勝利を手に入れているわ/知性を武器にしたとき/叩きのめす相手など存在しないのだから/だから独りで歩き出すときには/自分を信じて/自分を深めることだけが、頂上へと導いてくれるのだと覚えていなさい/そして自分が何処に立っているかを分かっていれば/何処に向かえばいいかも分かるはず/もしも途中でつまずいたとしても、大したことじゃない/だってあなたの中にこそ”真実”はあるのだから

(文:虹子)

※訂正:When the Pawn Hits the Conflicts He Thinks like a King What He Knows Throws the Blows When He Goes to the Fight and He’ll Win the Whole Thing ‘fore He Enters the Ring There’s No Body to Batter When Your Mind Is Your Might So When You Go Solo, You Hold Your Own Hand and Remember That Depth Is the Greatest of Heights and If You Know Where You Stand, Then You Know Where to Land and If You Fall It Won’t Matter, Cuz You’ll Know That You’re Rightの文字数を356、スペース含むを445としておりましたが、正しくは355、444でした訂正してお詫びいたします。