写真提供:マイナビニュース

写真拡大

銀座ソニービルでは11月13日〜12月15日に、8階コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)にて、「サウンド・プラネタリウム」 〜満天の星空の下で味わう、ソニーのハイレゾ音楽体験会〜を開催する。

○ゴスペラーズやビリージョエルの名曲を上演

同イベントでは、肉眼ではとらえられない星々まで映しだす光学式プラネタリウム投影機「MEGASTAR」で、施設内に約1,000万個の星空を再現する。

更に、ソニーのスピーカー「SS-AR1」とマルチチャンネルインテグレートアンプ「TA-DA5800ES」の音響システムを使用して、国内外の名曲やヒット曲を高音質のハイレゾリューション・オーディオ音源(以下、ハイレゾ音源)で上演する。

上演する楽曲は、ゴスペラーズの「ロビンソン」やいきものがかりの「風が吹いている」、ビリー・ジョエルの「素顔のままで」、マイケル・ジャクソンの「Human Nature」、Chara「やさしい気持ち(Special Kiss ver.)」、「Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜」の計6曲。

楽曲は、イベント期間を前半(11月13日〜12月1日)、後半(12月2日〜15日)にわけ、3曲ずつ楽曲を変更して上映。イベントのナビゲーターはCharaが務める。また、イベント来場者の中から抽選で200名に、3,500円以内の「ハイレゾ音源」を 1タイトルダウンロードできる 「mora ミュージック・クーポン」をプレゼントする。同時イベントとして、ハイレゾ音源を体感できるイベントを、2階・4階で12月5日〜2014年1月中旬頃まで開催する。

サウンド・プラネタリウムは、8階 コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)で、11時〜19時に開催。入場無料・入退場自由となっている。

(フォルサ)