ティラノサウルス類の新種を発見

ざっくり言うと

  • 米研究チームは6日、ティラノサウルス類の新種の化石を発見したと明らかにした
  • 幅広い頭蓋骨と大きな歯が特徴で、流血王という意味のライスロナクスと命名
  • 化石は2009年にユタ州で見つかり、体長は推定7.3メートル

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング